そのペットボトル大丈夫?体に悪すぎる発がん性物質が・・・


ペットボトルのお茶を飲んでいる人が多いと思いますが、

衝撃の事実が発覚しました。

なんと、ペットボトルのお茶に

発がん性物質が大量に入ってることがわかりました。



スポンサーリンク

ペットボトル茶は、お茶ではありません

茶葉ならまだマシで重大なカラクリは、

ペットボトル茶の主成分は茶葉を摘み取った後、

てるしかない茎を使っているのです。

 

ゴミになった茎をタダ同然で買い取って、

大量の泥・ゴミや針金などの混入物を中国から日本に運んで

日本で取り除くのです。

しかし除去には限界があり、

ペットボトル茶に溶け出した成分には

多くの不純物が含まれています!

 

茎を、お茶にするなど、言語道断、消費者をバカにしています。

こんな茎に栄養もなく、茶本来の効用は何一つありません。

茶葉を使ったペットボトル茶の原料は、中国産の緑茶です。

 

中国農家の個々から茶葉を集めて来る以上、

農薬の把握やコントロールは不可能です。

何が入っているかは解りません!


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

そのペットボトル大丈夫?体に悪すぎる発がん性物質が・・・


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image