ピコ太郎をテレビで見なくなった現在。意外なところで活動していた!

「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」で一躍話題となったピコ太郎ですが、最近テレビとかで全く見ないですよね。

ピコ太郎は現在どうしているのでしょうか?


スポンサーリンク

ピコ太郎のプロフィール

出典;ピコ太郎オフィシャルサイト


ピコ太郎は、2016年8月にyoutube上で「ペンパイナッポーアッポーペン」と繰り返しながら踊る動画をアップし、その独特のリズムと言葉が注目され一大ブームとなりました。

特にジャスティン・ビーバーがTwitterで絶賛するツイートを上げたことで世界的にも注目が高まって一気に拡散されていきました。

有名人の力は半端ないですね!

こうしていくうちに、動画の再生数は2ヶ月後には4000万回近くになっていたそう!

2017年9月現在は再生数は1億を超えています!

とてつもない数字ですね!

このおかげで、海外へのライブ出演も増えて、大人気なんだそう!

ちなみに、ピコ太郎の設定は千葉県在住の53歳で、尊敬する歌手はスティービー・ワンダーや石川さゆりなんだそう。

そんなピコ太郎の正体は、お笑い芸人の古坂大魔王です。

出典;NewsWalker

ピコ太郎も古坂大魔王がプロデュースする古坂と瓜二つなシンガーソングライターという設定になっています。

そんな古坂大魔王のプロフィールがこちらです。

本名 古坂 和仁(こさか かずひと)
ニックネーム こっつぁん
生年月日 1973年7月17日(44歳)
出身地 青森県青森市
血液型 A型
身長 186cm

古坂大魔王は、1991年にお笑いコンビ「底ぬけAIR-LINE」のメンバーとしてデビューし、かつての人気番組「ボキャブラ天国」脚光を浴びたいわゆる「ボキャブラ芸人」の一人です。

当時人気が高かった番組に出演していたのですから、注目を浴びていたようですね。

その実力はお笑い芸人の間でかなり絶賛されていたようで、特にくりぃむしちゅーの上田は、明石家さんまをはじめ数々の先輩芸人に、

日本一面白いやつがいます

と売り込みをしていたそう!

ピコ太郎・古坂大魔王は今どうしているの?

出典;週刊女性PRIME

PPAPでブレイクしたピコ太郎ですが、その後もいくつか新たな動画をアップしています。

しかし、PPAPほど再生数が伸びていません。

テレビでも全く見なくなってしまったので、「一発屋」のイメージが強いですよね。

しかし、ピコ太郎は数々の国内外の音楽フェスにも出演し、さらに今年のSUMMER SONICでは応援ソングも手掛けています!



フェスでもかなり盛り上がり好評だったそう!



さらに、今年8月にはピコ太郎のアニメ「ピコ太郎のララバイラーラバイ」が公開され、古坂自身が企画・原案を手掛けています。

このアニメは世界展開も企画しているとのこと!

このようにピコ太郎がブレイクしてから音楽家やプロデューサーとしての活動をどんどん増やしているようです!

ピコ太郎は自身の活動分野を広げるための足固めだったようですね!

つい最近では、X JAPANのYOSHIKIとニコニコ動画で共演しています!



すごいコラボの仕方をしてますね笑

でも、これはピコ太郎がブレイクしてなければ実現しなかったことだと思うのですごいことですね!

ピコ太郎はなぜ干されたの?

フェスでは人気があることはわかりましたが、テレビでは全く見なくなりましたよね。

このために、ピコ太郎が業界から干されているという声が多々挙がっています。

干された理由はいくつか考えられます。

まず、ピコ太郎はトークすることを想定して作られていないということが考えられます。

ピコ太郎としてのトーク力はいまいちで、喋りも完全に古坂大魔王になっていたとのこと。

このことから、ピコ太郎は完全にテレビ用ではなく音楽用に作られたキャラクターなんでしょうね!

干された他の理由は、やはり人気が落ちてきたからでしょう。

人気が出なくなって、トークもあまりできないとなると需要がないですよね。

干されたわけというよりかは旬を過ぎたからというのが正解かもしれませんね!

ただ、干されるのを覚悟したうえで作ったという考え方もできるので、彼からしたら想定内だったのかもしれません。


スポンサーリンク

ピコ太郎が生まれるまで

出典;オリコンニュース

そんなピコ太郎はいったいどのような経緯で生まれたキャラクターなのでしょうか。

そもそも、古坂大魔王=音楽プロデューサーというイメージがあまりないですよね。

実は、かつて音楽家として活動していた時期があったんです。

古坂大魔王の音楽活動

出典;なんでもnews実況まとめ

古坂は2003年9月から「底ぬけAIR-LINE」の活動を休止し、音楽活動に専念するようになります。

「テクノユニット・ノーボトム!」というユニット名で活動し、2005年にホリプロコムを退所した後は「NBR」と改名して活動していました。

主にクラブイベントのプロデュースをしたりAAA鈴木亜美の曲のリミックスやアニメの主題歌を手掛けたりと、かなりの経歴を持っているとのこと。

その実力は、実際に曲を手掛けたmihimaruGTのライブにも出演するほどです。

音楽の才能は以前からあったのは意外ですね!

芸人としての活動再開

しかし、音楽活動も鳴かず飛ばずで、結局2008年に芸人としての活動を再開させます。

テレビの出演も徐々に増え、単独ライブもチケットが完売になるほど人気を集めていったそう。

ただ、ピコ太郎がブレイクするまでは活躍したという印象があまりないですよね。

本人は本番で力を発揮できないとのことで、芸人としての活動について悩んでいたようです。

苦悩のあまり、芸人仲間から誘われお笑いライブに出演した際も、自分の出番の前にあまりの緊張ですぐに立ち上がれず、本番中もずっと手が震えてたそう。

これはマズイと感じて、活躍している先輩芸人と肩を並べるにはどうしたらいいかと考えた時に、知名度が欲しいと思ったそうです。

だったら、自分の得意な音楽で勝負しようと決め、苦悩の末に生み出したキャラクターがピコ太郎なんです!

芸人・音楽家としての才能を融合させたのでしょうね!

実はピコ太郎はブレイクする1年ほど前から構想を練っていたキャラクターのようです。

その証拠に、自身のブログで、

ここでも、今回東京ではお見せしてない…

ある大物芸人とのコラボビデオコント見せます!!

こちらはシークレットでお楽しみに!

さあ、笑ってもらうぜーー!



出典;古坂大魔王公式ブログ

と、このピコ太郎の画像とともに投稿していました。

ちゃんと計算して完成したキャラクターなんですね!

1年前から考えていたという所に、古坂の努力と苦労が感じられますね!

そんなピコ太郎=古坂大魔王が結婚!



出典;福島民報

そんなピコ太郎こと古坂大魔王は先月タレントの安枝瞳との結婚を発表しました!

かなりの美人さんですね!

2人の結婚に数多くの祝福のメッセージが届いたそうで、その数はピコ太郎がブレイクした時以上だったとのこと笑

守るものもできましたし、これからますます頑張る理由ができましたね。

彼の実力からするとまだまだ何かやってくれそうな気がしますね!

今後の目標が「ピコ太郎を超えること」だそうなので、目が離せないですね!


スポンサーリンク
記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

ピコ太郎をテレビで見なくなった現在。意外なところで活動していた!


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!