PPAPの商標出願にピコ太郎は何も困らない?ピコ太郎大勝利のワケ

国内ニュース


「PPAP」など無関係な商標を大量出願
しかし、ピコ太郎には何も被害がないようです。


PPAPの商標出願でピコ太郎が困らないワケ

もし商標登録が認められれば、「PPAP」の名称を使ったCDや関連商品が販売できなくなったり、使用料を要求される可能性を報じるメディアもある。

だが実際には、ピコ太郎サイドは何も困らないようです。

「今回のケースでは法律面から見て、ピコ太郎サイドに何の被害も及ばないのは明らか。それは『PPAP』が楽曲であり、著作権で保護されているからです。

商標法の第29条では、他人の著作権に抵触する商標は使用できないと定められています。
これを今回のケースに当てはめると、たとえ大阪の会社が商標の登録に成功しても、ピコ太郎やエイベックスに対して『PPAPを使うなら金をよこせ』と要求することはできないことになります」

最高裁の判決によればピコ太郎側に対して「PPAP」の使用差し止めを求めることもできないという。


1 2 3 4