安眠できる恐怖のソバ殻枕。違和感を感じハサミで枕を開いてみたら…

恐怖


でも、肩こりは以前ほど酷くもないし、なにより熟睡できるなら良いかってことで気にもかけてなかったのです。


だけど日に日に眠りが深くなりすぎて、仕事中でも眠気が酷い事になってきました。それは同僚の人も一緒でとにかく眠くって、家に帰ったらすぐにあの枕で寝るようになったのです。

枕のなかみが…

最初は疲れてるのかな、と思ってたけど彼女の母親が心配になって「最近寝すぎちゃうか?」って。眠くて「うーん」って適当な返事をしながら枕に顔をうずめた時です。

初めてその枕に違和感を覚えたのです。音?におい?感覚的に「あれ、変だな」って。

ガバっと起き上がると急に眠気がふき飛んで怖気が背筋を走りました。そして買ってそんなに使い込んでもいない枕を挟みで開けたのです。

ソバ殻がバッサーと散らばり、母親は悲鳴を上げました。ソバ殻はこげ茶色っぽいのですけど、中身の大半が明らかに赤黒いのです…

しかし母親が声を上げた原因は、一緒に入ってた写真。ポラロイドで撮ったと思われるモノで全然知らないおじさんが竹林で手を振ってる写真…それと皮のついた短めの髪の毛

唖然とする彼女が枕の内側をみると、同じような赤黒い何かの跡がありました。三本指で線を引くような跡。

少しの間、呆然としていましたがはっとして、中身をビニール袋に一粒残らず入れてお寺に持って行きました。住職さんは差し出されたビニール袋の中身を確認するとすぐにお祓いを。

でも、ずっと気味の悪い写真とかがチラついて、その日はさすがに寝れなかったそうです。

翌日、そのことをすぐに同じ枕を買った同僚に話したら、その同僚はダッシュで家に帰って中身を確認。

案の定、薄気味の悪い写真(同僚のほうは、どこかの海で撮った手を振るおじさん)と髪の毛。それと枕の内側に二本の線があったのです。

すぐに職場の寝具売り場担当にその事を言うと「その枕は入荷が5個で売り切れた」と言っていたのです。売り場の担当は証拠もないし、出荷元もいたって普通の寝具屋だったので、ただの冗談だと思って真剣に取り合ってくれませんでした。


1 2 3 4