「崖の上のポニョ」の都市伝説!?裏設定を知るとみえ方が変わる…

恐怖


このことから、この作品が死に関わることを描いているということが想像できます。

キャッチコピーからすでに伏線が張られているんですね!

津波

出典;映画「崖の上のポニョ」公式サイト

あらすじでもあるように、宗介が住む人間界を津波が押し寄せます。

津波によって街は水没してしまうのですが、街の人々は全員生還しているのです!

津波は本当に危険な災害ですから、全員が生還しているのはおかしい話ですよね。

さらに、老人ホームにいた足が不自由な老人が歩けるようになっていたり、水の中で息ができるようにもなっています。

このあたりから、完全に世界が違っているということに気づけます。

それを不思議に思わない大人に対して宗介は疑問を抱くのですが、宗介の母は

今は不思議なことがいっぱい起きているけど、後で理解することができる

と、宗介に語りかけます。

このことから、宗介はここが死後の世界だとはまだ知らなくて、成長とともにわかってくるということを伝えたかったのではないかと言われています。

子供にはまだ理解できない世界なんですね…

船長の言葉

津波に流された船が船の墓場という、たどり着いたら最後、戻ってこれない場所に着くシーンがあります。

その時に船長が、

船の墓場だ。あの世の扉が開いてしまったんだ

と意味深な発言をするのです。

あの世と言ってる時点で、死後の世界について語っていることが想像できますね!

久石譲の発言

数々のジブリ映画に携わり、「崖の上のポニョ」でも劇中曲を手掛ける久石譲がインタビューの中で、

死後の世界や輪廻転生などの難しいテーマを投げかけながらも、子供からは少年の冒険の物語に見える、という二重の構造を表現するのが難しかった

と話しています。

劇中曲というのは作品の設定を理解してから作るものなので、久石譲のこの発言からもポニョが死後の世界を描いているということがわかりますね!

ポニョの本名

出典;ニコニコ大百科

魚の子であるポニョですが、ポニョにも本名があります。

ポニョの本名はブリュンヒルデといいます。

ブリュンヒルデというのは、北欧神話に出て来るワルキューレ(天使)の1人で、戦死した者をオーディンの神殿(ヴァルハラ)に連れていく役割を担っているとのこと。

死者を連れていくという死神のような存在で、ポニョにもその役割があったのではという意見もあるそう。

見た目は可愛い感じの作品ですが、これだけ都市伝説があることを知るとなんだか怖いですね笑


1 2 3 4