4児の母親がSNSで裸体を公開…103人から友達削除された理由…


オーストラリアに住む4児の母、ベス・ワーンガ(32歳)さんは、ある日SNSで裸体を公開しました。

その行動の理由と意味がヤバ過ぎる・・・



スポンサーリンク

乳癌を発症したベス・ワーンガ

オーストラリアのベス・ワーンガさんは、4人のお子様の母親です。


彼女の32歳の誕生日に、乳癌を発症しました。

彼女には、BRCA1という遺伝子変異があったため、乳腺、子宮、卵巣での腫瘍発症リスクが高かったということです。

癌が転移する前に、治療をしなければなりません。

ベスさんは、両胸および子宮摘出の手術をしたのです。

手術後、ベスさんは、手術痕を隠しませんでした。

彼女は、友人で写真家のナディア・マソットと一緒に、

「Under The Red Dress Project(赤いドレスの下プロジェクト)」を始めたのでした。

赤いドレスの下プロジェクト

このプロジェクトは、手術の傷跡が痛々しく残る全裸姿を公開するものでした。

「毎日、知らない人たちと道ですれ違うけれど、
素の身体は、別の違うことを語るのかもしれない。」


1 2 3

footer-image