4児の母親がSNSで裸体を公開…103人から友達削除された理由…

オーストラリアに住む4児の母、ベス・ワーンガ(32歳)さんは、ある日SNSで裸体を公開しました。

その行動の理由と意味がヤバ過ぎる・・・



スポンサーリンク

乳癌を発症したベス・ワーンガ

オーストラリアのベス・ワーンガさんは、4人のお子様の母親です。


彼女の32歳の誕生日に、乳癌を発症しました。

彼女には、BRCA1という遺伝子変異があったため、乳腺、子宮、卵巣での腫瘍発症リスクが高かったということです。

癌が転移する前に、治療をしなければなりません。

ベスさんは、両胸および子宮摘出の手術をしたのです。

手術後、ベスさんは、手術痕を隠しませんでした。

彼女は、友人で写真家のナディア・マソットと一緒に、

「Under The Red Dress Project(赤いドレスの下プロジェクト)」を始めたのでした。

赤いドレスの下プロジェクト

このプロジェクトは、手術の傷跡が痛々しく残る全裸姿を公開するものでした。

「毎日、知らない人たちと道ですれ違うけれど、
素の身体は、別の違うことを語るのかもしれない。」

「癌の影響を受けているのは、
世間の沢山の人たちだと伝えたかった」

ということです。

ベスさんは、自分自身の全裸写真をFacebook に投稿しました。


スポンサーリンク

SNSへヌード写真の公開

ベスさんは自分のヌード写真を Facebook に投稿する前にあらかじめ友達たちに警告しました。

「写真はトップレスの写真を含むため、物議をかもす可能性があります。このプロジェクトの目的は乳がんに対する認識を高めることで、性的な目的は一切ありません。
もし不快だと思う場合は、ニュースフィード上からこの投稿をブロックしてください」

そして公開した写真がこちら

ベスはその後、多くのメッセージを受け取りました。
彼女の勇気を讃えるものでした。

・ありがとう。今、私の傷を比較することができます。”私 は, これ が 普通 なん だ と 思い まし た” あなたのプロジェクトの幸運をお祈りします.

・よくやった。多くの女性は胸癌の効果に対処するために多くの女性を助けます。あなたには感心しています。

・あなたはとても強い女性だと思います。ありがとうございました。

・あなたは美しい。そして勇敢で勇敢な人だ。

しかし彼女のこの行為を称賛する人たちが多くいたものの、写真を公開すると、103人の友達から削除されました。

そのうちの一人からは

「刺激が強い写真を見せつけられたくない。
Facebook を使う子どもたちに配慮が足りない!」

と削除した1人に言われたそうです。

無知でいるのは正しい選択ではない

友人で写真家のナディアは、ベスの全てを支持していました。

「結局は『見たくない』人ほど、何かに気がついたと思う。
無知でいるのは、正しい選択ではない」

と、ナディアは考えています。

その後も両胸の乳房切除・乳房再建・急激な体重減・抜け続ける髪などベスはがんと戦い続けている自分の姿を包み隠さず全てを公開しています。

更にこのプロジェクトにより、ベスさんと同じ境遇の女性が多数参加し、ヌード姿を公開しました。

人により様々な意見があると思いますが、乳がんに対する認識を高めてほしいというベスさんの覚悟が伝わってきます。

日本でも、北斗晶さんや小林麻央さんなど、乳がんを経験したからこそ、それぞれの方法で検診の大切さなど訴えていますよね。

何が正しいか、正しくかないかを議論するよりも、人それぞれの生き様があるのだと受け止める事の方が大切なのではないでしょうか。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 杉浦太陽が妻・辻希美との行為中の写真をブログにアップ!?