『極悪レフェリー』肺炎には勝てず…阿部四郎さん76歳死去。

阿部四郎死去

全日本女子プロレスなどで『極悪レフェリー』として知られている阿部四郎さん。その彼が、本日25日に亡くなられたことが判明して…

動揺が広がっています。



スポンサーリンク

極悪レフェリーでも勝てなかった…

プロレス好きで知らない人はいないでしょう。

『極悪レフェリー』で有名な阿部四郎さんが本日4月25日、肺炎のため76歳で生涯を終えました。

阿部四郎

まだ、葬儀などの日程は決まっていないようです。

阿部さんは福島出身。
1970年代から全日本女子プロレスのレフェリーを務めていました。

そして、1980年代の全日本女子プロレスでが、ダンプ松本率いる『極悪同盟』など悪党軍に有利なレフェリングを行い、注目を集めていました。

阿部四郎

あの可変速カウントは覚えている人も多いでしょう。

本当にもう2度と見れないと思うと・・・悲しいですね。

戦友が語る阿部四郎

阿部さんと『戦友』だったダンプ松本(56)も、今回のことには殺気もなく意気消沈です。

ダンプ松本

「信じられない。引退してからも全女がつぶれてからも、阿部ちゃんとは一度も付き合いが切れたことがない。優しくて人柄は最高だった…」

そう声を詰まらせながら、阿部さんのことを語っています。

実は、先週末には数人のベテラン選手と阿部さんの話になっていたと明かしました。

様子が気になっていて、22日には電話をしたばかりだったのだと。

電話に出たのは、阿部さんの息子さんでそこで体調不良で入院していることを知ったそうです。

ダンプ松本自身、仕事があったため5月頭の連休明けにはお見舞いに、と約束したばかりだったそうで…。

これは悔やんでも悔やみきれないですね。
ダンプ松本は、阿部さんとの思い出はいくら話しても尽きない、と。

何度か脳梗塞を患っていたこともあり、心配していたと言います。

極悪女王の今回ばかりは、沈痛な表情だったようです。


スポンサーリンク

ネットの反応

阿部さんを惜しむ声が多数寄せられています。

・さんざん楽しませてもらったから残念だ。合掌

・観客とののしり合って後ろでヒールが反則してるの見ないの好き

・カウントが早いのは面白かった

・面白かったなあ。あの頃の女子プロレス。お疲れさまでした。合掌…

・ご冥福を祈ります。プロレス心と芝居力があった人でした

阿部さんがレフェリーやっている試合は、ほんと面白かったですよね。

もう見れないと思うと残念でなりません。。。
ご冥福をお祈りします

関連記事

⇒ ひとりでできるもん!平田実音の死去に悲しむ声殺到…最後の姿が…

↓↓↓よかったら、いいね!お願いします。

阿部四郎死去

『極悪レフェリー』肺炎には勝てず…阿部四郎さん76歳死去。


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!