レプロエンタテインメントの評判が酷い…清水富美加に続き新垣結衣も?

清水富美加に続いて新垣結衣も?
レプロエンタテインメントの囁かれる悪評が話題となっています。



スポンサーリンク

レプロエンタテインメントの囁かれる悪評

清水富美加さんの突然の出家で世間を賑わせている所属事務所のレプロエンタテインメント

能年玲奈さんの独立騒動でも話題になっていましたが、
実はこんなことになってしまったのも当然、と芸能関係者は話しているようです。

レプロエンターテイメントは長谷川京子や新垣結衣などの人気女優から
マギーや菊池亜美などマルチタレントもいる中堅事務所ですが、メディアへの対応が高圧的であることやタレントへの待遇に問題があるというのです!

能年さんは事務所に内緒で個人事務所を設立し問題になりましたが、そのほかにも色々な悪評が囁かれています。

メディアへの高圧的な態度

NHKの連続テレビドラマ小説「あまちゃん」に主演した時の能年さんの月給はたったの5万円で、
彼女は下着を買う現金すらもっていないこともあったと報じられています。

確かに食費や交通費、住居費などは差し引いての金額かもしれませんが
国民的アイドルになった能年さんへの待遇とはとても思えません。

また、メディアへの態度も高圧的であると出版関係者が話しています。
友好的な取材の場でも上下黒スーツの関係者が立ち会うなどして、
現場の雰囲気が重いものになってしまい、取材が成り立たないなんてこともあるそうです。

さらに、取材するメディア選定もとても厳しいものがあり、スポンサーサイドともめたり、川島海荷さんが出演した映画のPRに関して配給会社を困らせたりしたこともあったそうです。


スポンサーリンク

タレントへの冷遇

能年さんは勝手に個人事務所を設立して仕事を干されてしまいましたが、彼女への冷遇のみなず女優さんへのフォロー体勢も全く整っていないようです。

新垣結衣さんも

「女優としてやっていけないかも」

などと周囲に漏らし、
事務所を辞めたいようなことも言っているそうです。

「事務所を怒らせると仕事を干される」

という概念があるのかもしれません。
ですからタレントさんは事務所に対して不満をもっているとある芸能関係者は話しているそうです。

昔から芸能人の独立騒動は泥沼化するというイメージがありますね。
今回、事務所側ばかりがやり玉にあがっているのは
このような事務所の悪評が影響しているのかもしれません。

清水富美加が抱えていた事務所への悩み

宗教団体「幸福の科学」に出家したと報道された清水富美加も
所属事務所・レプロエンタテインメントの契約体系を批判しています。

「仕事を干されるという恐怖の中で仕事をしていた。
意に沿わない仕事を入れられたあたりから、自分を切り売りさせられているようで、しばしば周囲に『死にたい』と漏らすようになった」

「業界のルールに従わないと、この世界では生きていけない。社会常識に対して許せないようなルール。事務所を辞めると、自分の本名すら使えないようになっている」

レプロエンタテインメントの所属芸能人

・新垣結衣
・川島海荷
・吉川ひなの
・菊地亜美
・内田理央
・マギー
・稲葉友
・林愛夏
・青木裕子
・山崎銀之丞
・古畑星夏
・佐武宇綺

レプロエンタテインメントはブラック企業なのか

働く人の基準によっては、忙しい環境を好む人もいれば、嫌いな人もいます。

周りからブラックと言われていても、中で働いている人は意外に心地よい環境だったりするものです。

しかし、レプロは清水富美加さんにとってはブラックだったのかもしれません。

能年玲奈さんや今回の清水富美加さん、マギーの不倫疑惑。
マギーの不倫問題は話題にすらあがってきません。

事務所のメディアに対する影響力ってのは強いのかもしれません。

ネットでの反応

・好きな仕事だけできると思うのが甘い
ただ芸能事務所は見合った給料渡せよ

・売り出すにもカネかかるし売れないタレントも抱えてんだから大変そうではあるな

・幸福の企みもあるかもね。

・能年の件もあって答え合わせは終わってるよ
気持ち悪い事務所だな


スポンサーリンク

関連記事

幸福の科学から清水富美加の直筆メッセージを公開!内容がヤバすぎ…