あなたは知ってた?退職日の決め方の落とし穴。1日で3万の大損を…

転職したい!働いていると1度はそう思ったことがあるのではないでしょうか?しかし退職日をよく考えずに決めてしまうと・・・

大損することもあるんですよ!



スポンサーリンク

たった1日差の退職日で決まる

「5年前から給料が変わらないなんて…」

そう思い、転職することを決めた30代男性。
次の職場も決まり、入社する日も決めました。

いざ!現在の会社に退職届けを出した時です。

退職届

退職日を月末にしていましたが、それでは受理できないと言われたのです!

その前日の30日付けなら受理できると…。

退職

男性は、その月の給料は30日まででも月末までで換算すると言われたので、「30日付けでいいか」と思ってしまいます。

辞める会社と、これ以上もめたくないという気持ちもあったのかもしれません。

しかし・・・これが大きな落とし穴だったのです!

年金事務所から突然の連絡が!?

無事退職し、転職先で働いていたある日。
男性の元に『年金事務所から国民年金への加入を促す通知』が届きました。

男性はずっと厚生年金ですし、奥さんも扶養家族。

不思議に思って問い合わせると、まさかの対応が!!

「前の会社を30日に辞めて、翌月1日からまた厚生年金に加入されていますが、31日は会社員ではなかったので国民年金への切り替えが必要です。

5月分の国民年金保険料を納めてください」

・・・はぁ?
ふざけんな!!
と言いたくなりますが、これが決まりなのです。

悲しい

月末で退職したら問題なかったのに30日に退職したがために、自分と奥さんの分の3万円超の年金を払うはめになったのでした…。


スポンサーリンク

退職前に確認するべきポイント

このように、知らないと損をすることはたくさんあります。

今回、会社が月末退職を許可しなかったのは、会社が社会保険料負担を免れるためでしょうね。

社会保険料は1カ月単位での計算なので、月の途中で解約して月末まで無職だと、国民年金に加入義務が発生するのです。

なので転職先も社会保険の負担があるのでしたら、退職日と転職先への出勤は間に空白がないことがベスト!

手続きなどは一切しなくてすみますよ。

退職日決め方

1ヶ月分ぐらい払わなくてもいいだろ」
そんな風に思いがちですが、これは後々大変なことに…。

将来、その分だけ老齢年金の額は減りますし、下手すると老齢年金が受給できない、なんてことも起きる可能性が。

退職日がいつになるかというのは会社によって違います。

よく理解していない時は、相談することをオススメします。

また、有給を消化しきれている人は少ないです。
何日残っているのか確認してみて!

あとはボーナスもですね!
貰う前に辞めてしまうのはもったいないですから。

退職日
有給
ボーナス

この3つは必ず、しっかり確認してみましょう。
間違っても言いなりになって、自分が損をするような状況にならないように!

しかし、逆に違法なことをやってより多くのお金をもらっている人もいます。
⇒ 生活保護の金額に唖然…年収が1150万円超えてるんだが・・・

いくら貰えるからって、こういうことはしたくないですね…。

スポンサーリンク

↓↓↓よかったら、いいね!お願いします。