右翼街宣車に中学生が「うるせー」と叫んだ!一触即発の緊急事態に…

右翼の街宣車に「うるせーぞ!!」とう暴言を吐いた中学生・・

それを右翼は聞き逃さなかった・・

車が止まり、街宣車の扉が開き人が出てきそうな気配!!
中学生の運命やいかに?!



スポンサーリンク

右翼街宣車VS中学生

無知と言うのは、怖いものです。
知らないからこそ、危険にあえて突っ込んでいってしまうのですから…。

ある時、右翼が3台大音量で軍歌を流しながら
演説しつつ道を通っていました。f



そんな怖さをしらないある中学生3人が、街宣車にたいし、

「うっせーぞ!!」

トンガった思春期の中学生が、街宣車にむかって笑いながら暴言を吐いたそうです。
すると・・

街宣車はピタッと停まり、扉が開き中からひとがでてくる気配がしました。

きっと周りにいた大人たちは震え上がったことでしょう。
ヤクザが出てくるかも??と思うとそれだけで恐怖ですから・・・

勇者はおじいちゃんだった!

そこへいつも周りからうるさがられている
近所のおじいさんが走って来て、

おじいさんが中学生の前に立ち、
街宣車から流れていた軍歌を大きな声で歌い始めたのです!



街宣車の中の右翼の方々はそのおじいさんに免じてか、

車の中から「行くぞ」と声がして、
ドアが閉まり、街宣車は再び大音量で軍歌を流しながら走り去っていきました。

中学生たちは

「ヤベーこわかった~。」

などと話して立ち去ろうとしましたが、
事情をがわかる大人たちは彼らにおじいさんにお礼をいうように促したんだそうです。

しかし、知らんぷりして帰ろうとしたので、大人たちが捕まえ

「お礼を言いなさい!」とおじいさんの前に連れて行った。

おじいさんは、何も言わず、いつもなら怒るところをただ微笑んでいた。

ちなみに中学生たちは代わりに他の大人たちから叱られ
学校名と学年を言わされたそうですよ。


スポンサーリンク

中学生がお礼を言わなかったワケ

しかし・・中学生からしたら・・
突然来て、突然歌い始めたヤバイおじいさん・・にしか見えず・・

このおじいさんが歌ったおかげで助かる意味自体がわからない、
気づいていない可能性はありますよね。

しかし・・まあ・・自業自得ですし

意味もなく叱られる・・も自分自身で何かに気づくきっかけになるので
これはこれで大切なことですよね。

街宣右翼とは?

そもそも、街宣右翼を知らない人もいるのではないでしょうか?



主に街宣車を使って政治的主張を爆音で流布する活動をしている右翼のことをいいます。

この街宣車という存在は、「街宣右翼」と呼ばれる活動団体で、
警察では「行動右翼」と呼ばれています。

間違えていけないのは、政治団体の右翼とは違うものということです。

一般的に、黒塗りの大型車両に国旗の日章旗や事実上は国章の十六八重菊や政治的スローガンを描き、
軍歌などを大音量で流しながら政治的主張を行う右翼団体の総称として認識されている。

そういった団体とは関わらないように・・と皆さん思いますよね。。

今の若者は、街宣右翼を知らない可能性があります。

時々、街の中で爆音で軍歌を流し、日の丸の旗や軍艦旗をつけて走る、右翼の街宣車を見かけます。
でも、昔にくらべたらずいぶんと減りましたよね。

↓こちら




昔から街宣車の存在を知っている大人たちは、見過ごすのが当たり前で、
誰だってそんな車には関わりたくはないですからね…。

みなさんも中学生のように、むやみに危険に頭を突っ込むのはやめておきましょうね。

心臓が持ちませんんから…。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 暴力団に履歴書を送った結果wwまじかよww