うるさい隣人に対抗する効果絶大な方法。静かにもなるわw

マンションなどで暮らしていると一度は経験する「騒音トラブル」!

うるさい隣人に対し、これを行えば一発で静かになる手軽で効果絶大な方法が話題になっています!


スポンサーリンク

うるさい隣人が…

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいると一度は経験する「隣人の起こす騒音トラブル」。

管理会社や大家さんを通して、静かになればいいのですが、効果がないことも多いです。

本人たちは楽しんでいて、自分たちがうるさいと思ってもいないのでしょう。

出先などならともかく家での騒音は耐えられませんよね。

一発で静かにさせる方法

これを行えば一発で静かになる手軽で効果絶大な方法があります!

・「恐い音楽」

隣から恐い音楽が聞こえてきたら恐くて騒ぐ気も起きませんし、次からこの部屋で集まることもなくなりそうですね(笑)

他にも方法は数多くあるようで、

・「お経」

お経のCDも販売しているので、とても手軽にできます。

・「黒板を引っかく音」

こちらも効果音をスマホから落とせるので、とても手軽にできます。

ただ、自分にもダメージがありますが・・・(笑)

・「モスキート音」

高周波は、加齢とともに聞こえにくくなるため、若年層には不快な高音と感じられるが、中高年層では聞き取れないことが多いです。

年齢層も設定できるので、騒音を起こす人の年齢が分かれば、かなり効果的ですね。

こちらもスマホから落とせるので、とても手軽にできます。

やはり音系が多いようです。目には目を音には音をですね!(笑)

スポンサーリンク

騒音トラブルの対処法は?

上記にあげた方法もありますが、トラブルが起こる可能性もあるので、まずは、しかるべきところに相談しましょう。

・「管理会社、大家に相談」

まずは、管理会社、大家に相談するようにしましょう。

直接電話をしてくれたり、張り紙で呼びかけを行ってくれます。

・「警察に相談」

管理会社、大家に相談しても効果がなかった場合や、一軒家住まいの場合は、警察に頼ることになります。

110番でなく、交番や派出所へ相談した方が、直接的な助けを得やすいそうです。

騒音トラブル時に注意すること

・「直接注意をしない」

騒音を発している住人へ苦情を言ってしまう人も多くいますが、これは、更なるトラブルを招く危険性があります。

たとえ知り合いであっても、直接注意をしないようにしましょう。

・「証拠を残す」

騒音被害は、当事者以外に苦痛の度合いが分かりにくいものなので、動画に残すようにしましょう。

音量計を一緒に撮影できれば分かりやすいですが、ない場合はテレビの音量を一緒に撮影すると良いです。時間も一緒に撮ってあるとなお良いです。

トラブルが起こる可能性もあるので、まずは、管理会社、大家に相談するべきですね。

それでも改善しなかった場合は、少し試してみるといいかもしれません。

「恐い音楽」と「お経」は、嫌がらせ感が薄いので、何かあった時にも言い訳がしやすいですし(笑)

こんなものを使わなくても済むように皆が自分の発する音に対して注意ができればいいんですけどね。

スポンサーリンク

関連記事

⇒ トイレで見る「これ」の名前が格好いいwサニタイザーって知ってた?