リバースモーゲージとは?問題点やリスクはあるのか?

リバースモーゲージという言葉をご存知でしょうか?

『言葉は知っているけど詳しくは分からない・・・。』

という状態ではありませんか?

老後の生活を一変させるほどのすごい制度!
『リバースモーゲージ』のメリット、

そしてデメリット(問題点やリスク)を
分かりやすく解説していきます。

正しく理解して老後の生活を豊かにしましょう。

知ってる?老後に必要な貯蓄額は…!!

一般的な暮らしを望むなら

最低でも2000〜3000万円は必要と言われています。

もしも、あなたの貯蓄が足りていないのであれば、

何か手を打たなければなりません。

あなたならどうやってお金を用意するでしょうか?
いきなり2000万円以上のお金を用意するのは難しく思うかもしれませんが、

諦める必要は全くありません。


・老後を一定以上の生活水準で送りたいが資金が足りない
・既にある程度の資金はあるが更に良い暮らしをおくりたい
・まとまったお金が欲しい
・老後が心配で早くから対策をしたい

そんな悩みを解決する方法が『リバースモーゲージ』なのです。

今すぐ出来る対策、リバースモーゲージとは?

国や銀行が用意した担保型年金の一種です。
自宅や不動産を担保にすることで

ある一定以下の金額をいつでも借りることが出来ます。
借りると言うと聞こえが悪いですが、

実はこの制度を利用してもあなた自身がお金を返す必要が無いんです!

どういうことか解説していきましょう。

リバースモーゲージの始め方

まず、リバースモーゲージの仕組みを図で解説していきます。

fdas

 

リバースモーゲージは不動産を担保に資金を調達する制度です。

まず自分の所有する不動産の評価額を調べ、

その評価額を基準に一定額以下の金額ならいつでも何度でも借りることができます。

基本的にはリバースモーゲージの限度額は家の評価額の50〜70%とされています。

つまり1000万円と評価された不動産を所有していれば、

それを担保に500万〜700万円の枠が用意されて

その金額内であればいつでも借りることができるのです。

不動産やモノを担保にしたローンは他にもありますが

リバースモーゲージにはそれらと一線を画する大きなメリットが存在します。

リバースモーゲージのメリットとは?

1、担保にした自宅に住み続けることが出来る

老後に住居が保証されている安心感を持ったまま資金を調達できます!

2、生きている間に返済する義務がない

契約者(自分)の死亡後に担保不動産を売却することで返済をしますので、
生きている間に現金で返済する必要がありません。

金銭的な不安を抱えたまま老後を過ごすことがなくなるので安心です。

このように、
リバースモーゲージ制度を利用することで老後の不安を大幅に軽減できます。

リバースモーゲージを利用するために、
まずは自宅の評価額を調べてみるのがオススメです。

自分の理想の老後を過ごすための資金がいくら必要で、
リバースモーゲージによっていくら用意できるのか確認してみましょう。

リバースモーゲージのデメリットとは?

とても魅力的な仕組みに思えるリバースモーゲージですが、
当然、デメリットもあります。

それは、土地や建物の価値が時期によって変動することです。

自宅の評価額を 正確に” 調べるとなると、
税理士さんに依頼をしたりと時間もお金もかかってしまうのでかなり面倒です。

しかし、実は家の評価額は意外と簡単に調べることが出来るのを知っていますか?
それは無料サイトを使って評価額を調べる方法です。

イエウール」というネット上で不動産の無料査定ができるサイトなのですが、
こちらで住宅や土地の情報を入力すればすぐに評価額を知らせてくれます。

「机上査定」をしたときの概算価格が評価額となりますので、
査定方法の選択のときに机上査定を選んでください。
知らせてもらった評価額の50〜70%の金額が、
概算ではありますが、リバースモーゲージで借りられる金額ということになります!
完全に無料で使えてしつこい電話営業なども全く無いので、
安心してイエウールで住宅の評価額を調べて、いくら借りられるのか調べてみてくださいね。

イエウール
ss-13

 

もし、イエウールの査定額が低いと思ったら!

 

スマイスターとふじたろうという不動産査定サイトを使ってみて下さい。
こちらもイエウール同様に完全無料で使えるサイトなので、
理想は3つのサービスを使用して平均値を出してみることですね。

あなたの保有している家の評価額をより正確に把握してみましょう。
スマイスター
ss-14
ふじたろう
ss-17

リバースモーゲージの落とし穴!

リバースモーゲージを利用してもその後評価額が下がってしまい、ローンの契約内容が見直されることもあり得るということです。

また、金利が変動型なので金利水準が上がれば利息の負担が重くなることも…。ですから、場合によってはリバースモーゲージを利用するよりも不動産を売却したほうが良い場合もあります。

持ち家にこだわらないのであれば、より安価な家や適正な家賃の賃貸に住むことで
不動産を売却した利益をより多く自由に使えます。

上記のサイトで評価額を調べて高い評価額だった場合は
家族と相談して売却を検討してもいいかもしれませんね!

イエウールはこちら