老人ホームで孤独に息を引き取った老人が亡くなった後に見つかった看護婦に宛てたメッセージとは?【涙腺崩壊の感動話】


気難しい老人だと思われていた男性。

彼が老人ホームで亡くなり、部屋を整理していた時の出来事でした。

看護師のひとりが1枚の手紙を発見しました。



スポンサーリンク

老人ホームで死を迎えた男性の手紙

日本でも高齢化社会が問題視されていることは事実です。

病院や老人ホームも高齢者で満たされ、

入居できない施設もあるそうです。

そこでは多くの問題も生まれています。
家に一人暮らししている老人が増え、

家族にも気づかれず孤独死してしまう事件も

テレビのニュースで流れているのを目にした方も多いのではないでしょうか。

また、施設に入ったのはいいものの、

家族が訪れることはなく孤独に過ごす人々も多くいます。

Mak Filiserさんも施設で暮らす一人でした。

彼は施設の看護師から「気難しい老人」だと思われていたようです。
そんなMak Filiserさん、彼も施設に入ったまま孤独死してしまいます。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

老人ホームで孤独に息を引き取った老人が亡くなった後に見つかった看護婦に宛てたメッセージとは?【涙腺崩壊の感動話】


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image