皇族の夜の営み事情が判明!関係者が明かした驚愕の内容がヤバい…

ネットで拡散されている「皇族のセ◯クスの仕方」を知っていますか?

ごく一部の関係者しか知らないとされる情報が明らかになっているのでまとめました。



スポンサーリンク

種散之儀

今回ネットに出回っている情報は「種散之儀」(たねちらしのぎ)と呼ばれるものです。

その内容がこちらになります。

一、まず、沐浴を行い、身を清めます。

二、種散之儀用の礼服(股の開いた袴)を着用します。

三、裸体の描かれた屏風を用意します。

四、懐紙を載せた四方を、その前に置きます。

五、四方の前に座し、右手で御棒を握ります。左手は、膝の横に置きます。

六、屏風の絵を鑑賞しながら、右手を前後に動かし、御棒を摩擦いたします。

七、散(ちらし)の気配があれば、四方の懐紙を左手に取り、御棒の前を軽く押さえます。

八、心の天にいたるときも、種はこぼしあそばぬよう、懐紙で受け止めます。

九、「よい」と合図いたしますと、侍女が部屋に入ります。

十、侍女の「お相手は如何なされました」の言葉には、「もう帰られた」と答えます。

十一、屏風に一礼し、座したまま三歩さがります。

十二、立ち上がり、もう一礼して、十六歩で部屋を出、儀を終えます。

果たしてこの儀式は本当に存在するのでしょうか?

ぱっと見、それらしい文章でまとめられているように見えますが細かく読み進めてみるとおかしな点がかなりありますね。

本当に皇族関係者が漏らした秘密の情報なのか、それとも誰かが面白半分ででっち上げたただの捏造記事なのか検証していきます。


スポンサーリンク

ただの捏造?不審点をまとめてみた

1.御棒?なんだそれw

文章の中に「御棒」という言葉がありますが日本語にそんな言葉は存在しません。

この言葉は皇族の逸物(分かりやすく言うと”アソコ”ですね笑)のことを意味してるのでしょうが、なんでも「御」を付ければ丁寧語になるということはありません。

そもそも皇族の逸物を棒なんて下品な言い方をするのはありえませんね。

2.儀式の順番がおかしい

種散之儀では一番初めに沐浴を行うと書かれていますよね。

沐浴というのは「体を水で洗い潔めること」です。

ですので最初に沐浴をするのはわかるのですが、自慰行為後に沐浴を行わないのはありえないですね。

汚れた体を潔めるという本来の意味が失われています。

3.侍女、意味ある?

今回の儀式の中で侍女が出てきますが、この侍女が何のためにいるのか意味不明です。

お相手の女性が部屋に入ったのかどうかを確認もしていないのに、皇族に呼ばれた後に「お相手は如何なされました」と聞くのは矛盾していますよね。

以上の点で種散之儀は完全に捏造されたものであることがわかります。

映画などの殿様のイメージから完全に想像で作られたものでしょうね。

ネットでの反応

・ただのオ〇ニーじゃねーか

・いんちき丁寧語で書かれているが、ただの自慰行為をこのような表現で面白がってる

・皇族の夜の営みは間違いがあったら許されないから角田さんとかがレフェリーしてそう

・皇族が子供作るときの体位って絶対決まってると思う

ネットではこのようなデマ情報が広まることが多いですが、
日本人たるもの惑わされるわけにはいきませんね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 夜の営みに対する女性の本音が怖すぎる…女性から共感の嵐だと話題に