北海道小2男児・田野岡大和くん行方不明事件、親の嘘が酷すぎる件…(顔画像あり)

28日午後5時50分頃、北海道七飯町東大沼の駒ヶ岳の麓で

山菜採りの最中に小学2年の男児(7)が行方不明になったと、

家族から届け出がありました。

北海道警は29日午後4時すぎから現地で記者に説明を始めていますが

山菜採りの最中にいなくなったというのは両親の嘘でした。


スポンサーリンク




山菜採りで迷子”は

北海道七飯町の山林で行方不明になっている

田野岡大和君(7)は、

親の言うことを聞かなかったとして、

しつけで置き去りにされたということです。

 

父親は当初、

「山菜採りの最中にはぐれた」などと同署に説明していた。

 

「一生懸命捜索してもらっていたので言いづらかった」

と話しているという。

0d76ae90da8bf4f70b28819bf4367d4e

c003b5a266d1a0f6e9310896ee396cff

2d1274c6d1d5b0bb372cafdda3e868ba

両親はその直後に現場に戻りましたが、

大和君の姿はすでになく、行方が分からなくなったということです。

捜索は日没まで行われたが、田野岡君は発見できなかった。

父親、貴之さん(44)は29日、

捜索現場周辺で取材に応じ、「しつけのために、ちょっと怖い思いをさせようと思った。

活発で元気な子だけど、体調も含めて心配です」と

悔いるような表情を浮かべながら、息子の無事を祈った。

 

貴之さんによると、

28日は午後から一家4人で鹿部町の公園に車で出掛けた。

水遊びなどをした後、大和君が車道に向かって石を投げていたためしかったという。

大和君は以前にも車に石で傷を付けたことがあり、

「父親としての威厳を示さなければ」と感じ、

自宅へ帰る途中、林道に寄り「反省しなさい」と車から降ろした。

大和君が泣きながら車を追い掛けてきたため、一度は車内に入れたが、

約500メートル先の三差路で再び大和君を降ろしたという。

貴之さんは車を止め、5分ほど歩いて大和君を迎えに行ったが、姿は見えなかった。

家族で周辺を約30分捜しても見つからず、警察に通報した。

01

行方不明になっている大和君は身長約120cm、

胸にアルファベットの文字の入った黒色の服に紺色のジャージのズボン、

それに赤色の運動靴を履いているということです。

 

本当に置き去りにしたのでしょうか・・・
親はまだ隠してるかもしれません?。
こんな時間に山菜取りってのも不自然に思います。

 

子供が可哀想です。

死亡しないで生存してるといいが。。。

無事を祈るばかりです。


スポンサーリンク