りゅうちぇるがかっこいい?激論番組の意見が正論すぎると話題に!

最近では「ワイドナショー」などバラエティのニュース・情報番組化が進行しています。

そんな中、意外にも読者モデルのりゅうちぇるさんが孤軍奮闘しており、その意見が真っ当すぎると話題になっています。



スポンサーリンク

りゅうちぇるが周りに流されず自分の意見を主張

りゅうちぇるさんは討論バラエティ「好きか嫌いか言う時間」に論客としてレギュラー出演していますが、そこでのりゅうちぇるさんは他のレギュラー陣の坂上忍さんやブラックマヨネーズの吉田さんが支配している番組全体の空気に抗い続けています

例えば「いじめの加害者は実名報道すべき」という議題の時も、坂上さんなど大半のパネラーの方が「賛成」という意見の中、りゅうちぇるさんは「反対」を主張しました。

理由として

「捕まっちゃうだけでやっぱ食らうと思うし、実名出したらこの人(加害者)の人生も絶対更生できないし、直していけないよ人生」

と語りました。

ブラックマヨネーズの吉田さんや一般の参加者たちから反対されても意見を変えることはなく、

「やっぱり更生しないといけないじゃん? 『自分が悪い』とまず思わないといけないじゃん。実名出した瞬間、(加害者が)ひねくれちゃうと僕は思っちゃう」

「実名よりも、捕まっただけで反省できるんじゃないかな」

と主張し続けました。

ネットでは批判殺到

「加害者の実名報道」に関するりゅうちぇるさんのこの意見に対してネットでは

りゅうちぇる甘すぎるわ。
本当に吉田さんが言ったことが全てだと思う。
いじめして自殺に追い込む奴を守る必要なんかない。
倍返し、十倍返しなんか耐えろやって思うわ。

りゅうちぇる甘い。甘々だわ。
いじめの加害者の実名は出すべきだと私は思いますよ。
出すことによって軽い気持ちでいじめをしてる人に脅しをすることにもなるし、再びすることもなくなると思うから。
加害者を守るなんておかしいよ。

などと批判が殺到しています。

 他にも「いじめの現実がわかってない」などとかなり厳しく批判され、それを報じたネットニュースでも「いじめの認識が甘かったようだ」などとまとめられていました。

しかし本当にそうなのでしょうか?

りゅうちぇるさんの発言を改めて丁寧に読み返してみると、決してただの思いつきで言っている訳ではないことがわかります。

りゅうちぇるさん自身も学生時代にいじめられていた?

「いじめ加害者を実名報道すべきでない」という意見は「いじめに対する認識が甘すぎる」などという厳しい批判にさらされました。

しかし、りゅうちぇるさん自身、メイクやファッションを理由に学生時代からからかわれていたり浮いていたことを明かしており、いじめられたり疎外される痛みは十分わかっているはずです。

「セブンティーン」2016年12月号では「私はいじられキャラで嫌だ」という中学生の悩みに対して、ペコさんと共にこのように答えていました。

ペコさんが

「いじられたら、「それは嫌や」と言っちゃえば……」

とアドバイスすると、りゅうちぇるさんは

「そしたらめっちゃ空気が悪くなるんだよね。権力がすべてみたいな学校ではいじられるコは弱いコなんだよ」

「僕の学校はカッコいいコとかわいいコしか権力がなくて、それ以外は弱くて、いじられる感じだった」

と回答していました。

いじめの加害者は「いじめではなく、ただの”いじり”だ」と言い訳することが多いが、いじられる者にとってはそれが詐術であることや、空気を悪くしてはいけないという同調圧力も、りゅうちぇるさんは敏感に見抜いているようです。

リアクションの良さを買われ、あっいう間に売れっ子になったりゅうちぇるさんだけに、バラエティの空気は十分読めているでしょう。

空気を読んだ上で、空気に乗っかるのではなく、自分の意見を主張しているりゅうちぇるさんは今の閉塞しきったテレビの中で本当に貴重な存在と言えます。

これからもブレることなく自分の意見をしっかりと貫いてほしいと思います。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 鳥居みゆきが旦那との夜の営みを暴露!10年間で0回の理由は…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

りゅうちぇるがかっこいい?激論番組の意見が正論すぎると話題に!


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!