一番アツい穴場スポット!この夏佐渡島(さどがしま)に訪れるべき5つの理由

旅行 未分類


新潟県の代表的な観光地である「佐渡島(さどがしま)」

実は佐渡島は、日本にある島の中で沖縄本島に次ぐ大きさであり、観光スポットも数え切れないほどあるんです。

ここでは、この夏「佐渡島」に訪れるべき5つの理由をご紹介します。

この夏、佐渡島に訪れるべき5つの理由

日本海に浮かぶ「佐渡島(さどがしま)」

佐渡島は都内からそこまで遠くないのにも関わらず、

行ったことがある!

って人は少ないですよね。

そんな佐渡島ですが、観光スポットとしての魅力はたっぷり

海も山もご飯も歴史も、どのジャンルでも楽しめます。

この夏「どこに旅行しようか」と迷っている人には、ぴったりの観光地なんです。

本格的な夏本番はこれから。関東圏内でプチ旅行がしたい、南国離島リゾートを体験したいなら佐渡島へ。

  1. 佐渡島へのアクセスは東京から約4時間
  2. 佐渡島は安い・旨い・新鮮な「海の幸」が食べ放題
  3. 綺麗な佐渡島の海で南国気分を味わえる
  4. 佐渡島で「ウユニ塩湖」体験ができる
  5. 佐渡島は何回行っても楽しめる

絶対に佐渡島に行くべき理由5つを紹介していきます。

⒈佐渡島へのアクセスは東京から約4時間

新潟県の佐渡島に行くには、新潟県にある3つの港からアクセスできます。

しかし直江津港と寺泊港は、冬季運休だから気をつけて。

@arathrough)さんの投稿

東京都内から行くなら、上野駅から新潟駅まで新幹線で2時間。その後新潟港から、佐渡島までカーフェリーで移動します。

トータルでは、4〜5時間ほど。

通常、新潟出発のカーフェリーは往復約4,500円ですので、安く行けるのも嬉しい!

⒉佐渡島は安い・旨い・新鮮な「海の幸」が食べ放題

佐渡島に行ったら、外してはいけないのが「海の幸」

ぷりっぷりで美味しくて、脂が乗った海の幸を、お手頃な値段で楽しめます。

@mori.0904)さんの投稿

人気のお寿司屋さんは「長三郎鮨

佐渡島で人気の高いお寿司屋さんは「長三郎鮨」。

地元の常連客の方も多い、アットホームなお店です。

@oyamander)さんの投稿

メニューもお寿司だけでなく、刺身定食やラーメン・カツ丼など様々。

だけどお寿司は、8割が佐渡島産のネタを扱っているので、佐渡島の魚を堪能したいなら一度は訪れてほしい場所。

@o_a_i_o)さんの投稿

おまかせコースを頼んでも約2,800円と、その良心的な価格も魅力的です。

カニが格安!佐渡島の弥吉丸直売所

そして佐渡島の新鮮な「海の幸」を求めて、もう一つ訪れてもらいたいのが、カニ漁船の直売所

@mikitty475139)さんの投稿

カニ漁船「弥吉丸」の直売所では、獲れたての紅ズワイガニが破格な値段で購入できます。

鮮度よし・味よし・大きさよしな紅ズワイガニが1匹2000円程度で、そして一回り小さかったり、脚が折れてるカニは、1匹200円程度で買えてしまうのです。

@kimagurume)さんの投稿

下手したら、カニカマよりも安い値段…。

しかも「弥吉丸」の直売所では、カニを丸ごと1匹試食できます

@xiukyon979)さんの投稿

他にも地元スーパーでも新鮮な魚介類を簡単に手に入れられるので、スーパーも要チェックですよ。

⒊綺麗な佐渡島の海で南国気分を味わえる


1 2