【変態の巣窟】遺体処理業「下げ屋」実態。霊安室で〇〇行為…

アダルト 体験談


ただ…死後硬直が始まってしまうと、ちょっと大変のようです。

納棺されている姿を想像すると、その苦労がわかると思います。

指を組ませるためには指の骨を、口を開けたままの場合は力技で顎の骨を折って閉じさせるのです。

また、極端に腰の曲がった老人の場合には、2人がかりで腰の骨を折って真っ直ぐにしてから納棺しなくてはなりません。

端からはプロレスの技をかけているようにも見えるそうですが、棺桶の蓋を閉じるためには仕方ないこのだと言います。


警察署で下げる遺体は、目を背けたくなる状態であることが多いのだとか。

男性が、この仕事に就いて初めて見た遺体も強烈だったそうです。

「早く慣れるためにも、ちょっと蓋を開けてみな」

意地の悪い先輩社員に命じられて恐る恐る棺桶の蓋を開けてみると、真っ黒焦げになった遺体が、口を開いたまま空をつかむようにしていたそうです。

焼死体ですかね・・・?
怖すぎて夢にまででてきそうな・・・寒気が・・・。

飛び降り自殺の遺体も、ほとんどが見るも悲惨な状態になるのです。

目測を誤ったのか、どこかに股間を強く打ちつけたことで、玉袋を膝上くらいまで腫らせてしまった中年男性もいたと。

同じ男性ならその痛みを想像することはたやすいでしょう…。

彼を見て不憫にも思えたけど、どす黒く肥大した睾丸を目の当たりにして、飛び降り自殺だけはするものじゃないと思ったと語っています。

スポンサーリンク

過去最悪な遺体

今までに一番キツかったのは、お風呂で溺れて亡くなった人の遺体を下げた時だそうです。

その人の場合は、湯沸かし器の電源が入れられたままの浴槽で息絶えて、しばらく気付かれなかったという状態。

亡くなった方には申し訳ないが、本当に最悪だったのだそうです。

そうなると遺体は煮込まれてドロドロになり、浴槽の水も淀んだ緑色になってしまい、遺体を出すどころか浴槽に手を入れることさえ躊躇するほどだったと言います。

葬儀屋で働く人達の多くは、溺死体だけにはあたりたくないと口を揃えて言います。

それも無理のないことだと実感させられるには、十分だったそうです。

遺体に欲情して…

その一方で、若く美しい女性の葬儀は、下げ屋の気持ちを高揚させるのだとか。

「今日の仏さんは、上玉だよ」

なんて言われながら顔を覗くのは当たり前だし、霊安室のストレッチャーに全裸で横たわる美女の遺体に欲情するヤツまでいるというのです!?

「焼くには、もったいない」

そう呻きながら自慰行為にまで及んだ同僚もいたそうで。

・・・信じられないですね。
いくら綺麗だったとしても遺体に対してとかキモいわ。

実は、この男性も一線を越えてしまったことがあったそうです!

それは、きれいなモデルさんの首吊り遺体が出た時だったのです。


1 2 3 4