西城秀樹が脳梗塞で逝去「ヤングマン」は今日もどこかの運動会で…

芸能


脳梗塞に倒れ闘病を続けていた西城秀樹が、16日、横浜市内の病院で亡くなったことが報じられました。この訃報を受け多くの追悼の声が広がっています。運動会の定番「ヤングマン」はこれからもずっと愛されることでしょう。

西城 秀樹、脳梗塞で逝去

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)の訃報が伝えられました。

@ssssung27)さんの投稿

報道によると、5月16日午後11時53分、家族に看取られながら、急性心不全のため横浜市内の病院で生涯を終えたということです。63歳でした。

西城秀樹は2003年と11年に脳梗塞を発症し、右半身麻痺の後遺症が残っていました。4月25日に再び倒れ入院、そのまま帰らぬ人となったのです。

西城秀樹を襲った2度の脳梗塞

西城秀樹は過去に2度の脳梗塞を発症していました。

脳梗塞の原因はヘビースモーカーであったこと、多忙が招いた生活習慣の乱れなどが考えられますが、一般的には前触れもなくいきなり発症することで知られています。

西城秀樹が1度目の脳梗塞を発症したのは、は2003年6月21日、韓国・済州島での公演中のことでした。

「うまく歌えない。ろれつが回らない」と異変を訴えながらも、なんとかステージをやり遂げました。

当時ミュージカル出演にむけてダイエットに励んでおり、倒れる直前まで、韓国でもジムとサウナで汗を流すほどの元気な様子であったそう。

翌日に帰国し、都内の病院に直行。

「ラクナ梗塞」という脳血管末端の細い部分が詰まる脳梗塞と診断されました。

舌がもつれてうまくしゃべれず、歌手生命の危機とも言える「構音障害」の後遺症が残ります。

一時は精神的にも落ち込み「引退の文字もよぎった」と、西城秀樹は退院会見の時に語っています。

ですが、美紀夫人の支えと幼い子どもたちの存在を力に懸命にリハビリに取り組み、2カ月後の8月にはミュージカル「伝説のステージ」の舞台に立つまでに回復しました。

西城秀樹、脳梗塞でリハビリの現在が壮絶すぎる…壮絶なリハビリを支える原動力とは?

「不死鳥」のように復活した西城秀樹だったが…


1 2 3