元少年A・酒鬼薔薇聖斗の現在。もしかしたらあなたの隣に…


当時14歳の中学生が犯した罪…社会に衝撃を与えた「神戸連続殺傷事件」の犯人元少年A・酒鬼薔薇聖斗の現在はどうなっているのか?もしかしたらあなたの隣にいるかもしれません・・・。


元少年Aの現在は?酒鬼薔薇聖斗は2005年すでに出所

1997年、社会に衝撃を与えた元少年A・酒鬼薔薇聖斗(事件当時14歳)。当時彼は、2人の人間を殺害、3人の人間に重軽傷を負わせたものの、未成年であるという理由だけで少年院送りとなり、2005年にはなんと出所を果たしています。これだけの罪を犯しているにもかかわらず、酒鬼薔薇聖斗はたった8年で出所しているのです。

この事実を殺された被害者や重症を負わされた被害者の遺族はどう消化しろというのでしょうか…。元少年Aの本名は「東真一郎」、出所後一時は「西岡真」と名乗っていましたが、その後整形手術で顔を変え、戸籍も全く新しく入手、そして四国の松山に住んでいました。

その後、酒鬼薔薇聖斗について世間で大きく話題となることはありませんでしたが、2015年6月10日に32歳となった酒鬼薔薇聖斗が「絶歌 神戸連続殺傷事件」というタイトルの手記を刊行し、再び世間の関心を集めます。

↑の画像の本が酒鬼薔薇聖斗が書いたものです。私は初め、この本が出版されたことだけでも腹が立ち「今更何が言いたいというのだ…?」「誰がお金を払って買ったり読んだりするのか…」と苛立たしく思っていました。当然のことながら被害者遺族は出版中止と回収を求めています。しかし酒鬼薔薇聖斗が書いた本は25万部のヒットを記録します。

ふと、↑のインスタグラムのコメントを見つけました。そこにはこんなコメントが書かれていたのです。

彼が奪った尊い命はもう戻らない。だけど彼はまだ生きている。彼は奪った命のぶんまでこれからも生きていかなければならない。彼のしたことは決して許されることではないけれど、幸せを感じ、色んな景色を見て、愛情に触れ生きていってほしいと心から思う

我亞流洲さん(@mame3ba)がシェアした投稿

「幸せを感じ、色んな景色を見て、愛情に触れ生きていってほしいと心から思う」…残虐極まりない犯罪を犯したこの少年に対し、なぜこの読者がこのような気持ちになったのか、私はこの事件をもう一度調べてみることにしました。

週刊文春の記者が酒鬼薔薇聖斗に取材を敢行、現在は?

週刊文春の記者が元少年A・酒鬼薔薇聖斗を街で発見した時、彼はごく自然にママチャリに乗っていたそうです。しかし記者が近づき取材を試みようとすると、突然載っていたママチャリを投げ出し、週刊文春の記者に向かって「命がけで来てるんだろうな」「お前、顔と名前、覚えたぞ」と威嚇してきたと言います。

その後、酒鬼薔薇聖斗はコートの胸ポケットに何か凶器のようなものを持っているフリをしながら、週刊文春の記者を威嚇します。

最初から「それくらいの反応はあるだろう…」と覚悟していた記者は、酒鬼薔薇聖斗の威嚇を冷静に対処しますが、酒鬼薔薇聖斗が普通ではありえない動きでプルプルプルプル震え始めてしまった為、さすがに気持ち悪くなって逃げたところ、元少年A・酒鬼薔薇聖斗は、この記者をなんと1キロも追いかけたそうです。

酒鬼薔薇聖斗の現在の住所をネット民が特定!

週刊文春の記事に掲載されていた写真を参考にネット民が酒鬼薔薇聖斗の住所を探したところ、なんと住所が特定されたそうです。その住所とは東京都足立区UR花畑団地で、最寄り駅は竹ノ塚だったんだそう。近所に住んでいる方からすれば「まさかここにいるとは…」という一言ですよね。

酒鬼薔薇聖斗からしたら、ここまで特定されてしまえば、引っ越すしか選択肢はないと思われます。週刊文春に顔もほぼ載ってしまった為、再度整形を施術、顔は再び変えられているかもしれないのです。また酒鬼薔薇聖斗は時々電車に乗るようで、その時の写真などもSNS等で出回っています。その画像から鉄道オタクが場所を特定したところ…なんと酒鬼薔薇聖斗は日比谷線に乗っていました。

日比谷線といえば、東京のど真ん中です。通勤で毎日利用している方も少なくありません。その路線にあの酒鬼薔薇聖斗が乗っていたなんて…もしかしたら隣に座っていたり、同じ車両に乗っていた可能性もあるのです。竹ノ塚に住んでいる人や普段日比谷線を使っている人はとても怖い話ですよね。

これだけ顔が出ていれば、近所の人は酒鬼薔薇聖斗に気が付くはずです。記事を見て「やっぱりあの時のあの男が…」と震え上がった人もいるのではないでしょうか?

現在の酒鬼薔薇聖斗は更生しているのか…以前開設していたHPが酷過ぎる

酒鬼薔薇聖斗が記者に対してとった言動だけでも「まだまだおかしいままなのでは?」と不安がぬぐえませんが、酒鬼薔薇聖斗が以前開設していた公式ホームページ「存在の耐えられない透明さ」の内容を見ると、思わず言葉を失ってしまいます。

↑の画像は酒鬼薔薇聖斗のホームページに実際に使われていたものです。トップページも不気味なのですが、その中に掲載されている画像の数々があまりにむごい画像だったのです。

ryousukeさん(@kr121907)がシェアした投稿

サイトの中には、こんな画像や、

こんなものがいくつもいくつも掲載されていたそうです。これで本当に出所して大丈夫なのでしょうか…?彼は少しでも更生できているのでしょうか?もしかしたら今はもう2回目の整形手術を終えて顔を変え、引っ越していて、あなたの家の近くに住んでいるかもしれないのです。

酒鬼薔薇聖斗の現在、そもそも元少年Aとは?

神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗事件)を起こした犯人こそが元少年Aこと酒鬼薔薇聖斗です。この事件は1997年、当時14歳の中学生によって連続殺傷事件が起こされました。酒鬼薔薇聖斗の手によって、2人の人間が殺され、3人の人間が重軽傷を負いました。彼は数ヶ月にも渡って、複数の小学生を殺傷したのです。

hinaさん(@hinapuriko96)がシェアした投稿

事件が発覚したのは1997年5月27日でした。中学校正門に切断された男児の頭部が放置されているのを通行人が発見し、警察に通報したのです。そしてその頭部は当時行方不明になっていた近隣マンションに住む、たった11歳の男の子のものと判明しました。耳まで切り裂かれた被害者の口には「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」という名の犯行声明文が挟まれていたのです。

約1週間後の6月4日には犯人から第二の犯行声明文が神戸新聞社に郵送されました。またしても警察に挑戦状が届いたのです。「事件はまた起きてしまうのか…」全国の人が息を吞む中、ある重大な事実が発覚して行きます。それは少年Aの犯行が既に終わっていたということです。声明文を出す前に全て終わっていたのです。

_820707_さん(@_820707_)がシェアした投稿

第一の事件は小学生の女の子2人がゴム製のハンマーで殴られて重傷を負いました。第二の事件では小学校4年の女の子が金槌で殴られました。この幼い少女はその1週間後に脳挫傷で死亡が確認されています。さらにその直後、別の小学3年の女子の腹部を刃物で刺して2週間の怪我を負わせました。

そして第三の事件です。中学校正門に放置された小学生男子を殺害したのです。この少年はたまたま少年Aよりも小柄だったという理由で選ばれたと言われています。殺害方法は靴紐を利用して絞殺したそうです。その後糸ノコギリで遺体の首を切断し、中学校正門に放置したのです。その少年が↑の画像の男の子です。

この少年の全ての未来、家族の未来、全てを奪ったこの男に、なぜ「幸せを感じ、色んな景色を見て、愛情に触れ生きていってほしいと心から思う」と思えるのか…私にはほんのこれっぽっちも理解できません。

_820707_さん(@_820707_)がシェアした投稿

この事件は、
・通り魔的犯行や遺体の損壊が伴ったこと。
・特に被害者の頭部が「声明文」とともに中学校の正門前に置かれたこと。
・地元新聞社に「挑戦状」が郵送されたこと。
など…とても強い暴力性が伴なう特異な事件だったのです。

また犯人がいわゆる「普通の中学生」であったことも社会に衝撃を与えました。もし彼が再び事件を起こそうとしていたとしたら…知恵がついた今…彼が何を起こすのか?誰がコントロールできるというのでしょうか?大事な人を失ってからでないと、法律の変更はできないのか…胸が詰まります。

酒鬼薔薇聖斗の現在の顔はこれだ!!

現在分かっている鬼薔薇聖斗の最新の整形顔が↓の画像です。正直何度も整形を繰り返していることや、似たような顔の方がたくさんいらっしゃることから、特定するのは年々難しくなっているようです。以前は細身だったはずの彼の体系や顔の肉付きも、今回の顔を見れば分かる通り、以前より大分ぽっちゃりした印象に変わっています。

Takashi Yabeさん(@takashiyabe_)がシェアした投稿

多くの人が鬼薔薇聖斗の人相を見て判断したいと思うと思いますが…、これだけ何度も整形を繰り返えされてしまうと、もう別人になってしまい過ぎて、特定することが本当に難しくなっています。日本全国、彼がいるかもしれない場所では、いつ何が起きるか分かりません。とんでもないことになるかもしれないのです…。

最後まで見れない…背筋が凍る恐怖画像11選。闇が深すぎて泣ける…に関する記事はコチラ

酒鬼薔薇聖斗の現在、元少年Aは結婚して子どもも!?

ショッキングな情報でした。酒鬼薔薇聖斗は現在結婚していて、子供がいるかもしれないというのです。

ネット上では「結婚式の招待状を遺族に送った」との、傷口に塩を塗るような行為の噂もありました。根拠のない噂ではありますが、事実ではないことを祈らずにはいられません。ファンの女性と結婚しているとか、子供がいるともささやかれています。

@take__1118がシェアした投稿

残念ながら、酒鬼薔薇聖斗にはファンのような存在がいるようです。その中の女性がまさか…酒鬼薔薇聖斗と結婚…そして子供もいるかもしれないそうです。

酒鬼薔薇聖斗の両親はどんな人だったのか?

まずは父親に関する情報です。

酒鬼薔薇聖斗の父親は仕事が非常に忙しい人であったそうで、たまにできた休日にもゴルフに出掛けたりする事が多くあまり家にはいなかったようです。

yuka_bookさん(@yuka_book)がシェアした投稿

酒鬼薔薇聖斗の父親が当時勤めていたのは神戸にある有名メーカーとの情報があり、真面目で仕事熱心な性格でありながらも時には激高する事もあったそうです。

更には事件を起こす前には動物虐待も行っていたという酒鬼薔薇聖斗ですが、家の軒下から猫の死骸が見つかったりした際にも父親は注意する事も無かったという事でした。

weedさん(@nanonano117)がシェアした投稿

また、母親については次のようなことを言われています。

そして家にはあまりいなかった父親の代わりにしつけを主体として行っていたのは酒鬼薔薇聖斗の母親であると思われますが、酒鬼薔薇聖斗が猟奇的な事件を起こしてしまった原因は母親からの愛情不足にあるのではないかとも言われているんです。

度重なる厳しいしつけの影響で小学3年生の頃には酒鬼薔薇聖斗は母親の過干渉による軽いノイローゼにかかり、目の焦点が定まらなかったりと体に異常が見られていたようです。

高橋源さん(@shishin1_1_1)がシェアした投稿

酒鬼薔薇聖斗の母親は野良猫を打つ為にエアガンを買い与えていたという話があったり、出版した本の印税は全て私欲に使用、遺族には1円も支払われていないそうです。

更に被害者の葬儀が執り行われた際には子供の死に顔を見る事のできない両親に対し、酒鬼薔薇聖斗の母親は「最後やねんからちゃんと見たり。難儀やなぁ」と口にしたそうです。

Yuto.Aさん(@yutan0420)がシェアした投稿

この件に関して私がお金を払って読むのは被害者家族が書いた本だけです。