酒鬼薔薇聖斗の現在。あの狂気の殺人犯が結婚して嫁&子持ちに…

恐怖

酒鬼薔薇聖斗 現在

1997年に起きた「神戸連続児童殺傷事件」

残虐的な犯行の手口と、その犯人が当時14歳の中学生であったことから、社会を大きく震撼させました。

あれから20年以上が経った現在、犯人の少年Aこと酒鬼薔薇聖斗は、どうなっているのでしょうか?


【写真あり】現在(2018年)の酒鬼薔薇聖斗の顔

1997年、2人の少年少女を殺害し、3人を負傷させたとして、当時14歳の少年Aが逮捕されました。

@wikishufflekr)さんの投稿

同事件は犯人が中学生だったことに加え、遺体の首だけが中学校の正門に置かれ、遺体の口元には犯行声明文が入っていたことなどから、社会的に大きく注目を集めました。

犯人は犯行声明において自身のことを、酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)と記しています。

@wikishufflekr)さんの投稿

そんな酒鬼薔薇聖斗は、逮捕後少年院送りとなり、約8年で退院

年齢33歳となった現在の姿を、週刊誌がキャッチしています。

酒鬼薔薇聖斗の本名&現在の名前は?

酒鬼薔薇聖斗の本名は「東慎一郎」だと『週刊ポスト』が報じています。

しかし少年院を退院後、本名の姓名どちらとも改名。

ネット上では「西岡真」というのが改名後の名前、なんて噂されていますが、どうやらそれは

週刊誌『女性セブン』曰く、現在の名前のイニシャルは「K.M」です。

現在は事件当時の本名と同じ文字は、一文字も使っていないと報じられています。

関東連合の元リーダーが語った現在の酒鬼薔薇聖斗

2016年10月、酒鬼薔薇聖斗に接触した関東連合の元リーダー・柴田大輔が、その時の様子をかいた著書『酒鬼薔薇聖斗と関東連合』を刊行しました。

接触といっても直接会ったわけではなく、酒鬼薔薇聖斗が運営していたHPを通して、柴田大輔が「工藤明男」という名前でメッセージを送り、その返信に対して酒鬼薔薇聖斗から返信がきたと言います。

『酒鬼薔薇聖斗と関東連合』には、酒鬼薔薇聖斗と柴田大輔のメールでのやりとりが掲載されており、そのやりとりの中で酒鬼薔薇聖斗が現在の夢や目標を語っているようです。

酒鬼薔薇聖斗と関東連合の元リーダーで現在海外逃亡中の見立真一を比較するという趣旨を持った本で、酒鬼薔薇聖斗だけを掘り下げた本ではありませんが、現在の酒鬼薔薇聖斗を伺い知るにはいいかもしれません。

酒鬼薔薇聖斗は現在、結婚して嫁もいる!

酒鬼薔薇聖斗は2015年、自身の生い立ちや犯した事件の詳細・少年院退院後の生活などを綴った手記『絶歌』を出版しました。

@rempotion409)さんの投稿

そこには、酒鬼薔薇聖斗が幼少期に行った動物虐待の内容から、「神戸連続児童殺傷事件」当時の心境などが細かに綴られていますが、

「子供が生まれたことで自分のやった罪の重さを知った」

とも書かれているそうです。

これが彼の本心かは分かりません。

ですが、現在酒鬼薔薇聖斗は結婚をしていて、子供がいることは確実なようですね。

また『絶歌』には、嫁との結婚エピソードも。

なんと嫁との結婚式の招待状を、自分が殺害した被害者の遺族に送ったというのです。

もちろん被害者遺族はこれを拒否したと思いますが、全く反省の色が見えない、許されない行為ですよね。

酒鬼薔薇聖斗の現在の住所(居場所)はどこ?


1 2 3