坂本龍馬直筆の手紙発見!今になって見つかった手紙の内容とは。

幕末志士の坂本龍馬が書いた手紙が発見されました。

2017年の1月にも彼の手紙が発見されていましたが、今回見つかった手紙はどんな内容だったのでしょうか?


スポンサーリンク

坂本龍馬の直筆の手紙発見

2017年6月、幕末志士の坂本龍馬が書き記した手紙の原本が見つかりました。

同年の1月にも坂本龍馬に関する資料が発見されましたが


今回の内容は一体どのようなものだったのでしょう。

手紙は1866年に坂本龍馬の家族宛に書いたもので、その内容は坂本龍馬が襲撃された「寺田屋事件」の後の経緯が記されていました。

そこには西郷隆盛や仲間たちに酒を振る舞ったことや大笑いしたことなどが綴られていたそうです。

写しの文面はあったそうですが、ここに来て原本が見つかるなんて凄いですよね、、、

200年以上も前に書かれた手紙が残っていることが凄いですよね!

そんな手紙がどこにあったかと言うと、個人が所有していたとのことです!

そんな歴史的に価値がある代物を個人が所有し、保管していたと考えると、この人は一体何者なんだという疑問が出てきてしまいますよね。

その個人に関しての情報はまだ出回っていませんが、もしかしたら坂本龍馬などの幕末志士に関連する人なのかもしれないと思うと、更に歴史が面白くなりますよね!

西郷隆盛に似ていたあの人の事件はこちら
「性の喜びおじさん」の死亡事件。犯人のガチ逮捕なるか…?


スポンサーリンク

ネットでの声

  • 今更になって坂本どんの手紙が見つかるってどういうことや、、、
  • 坂本龍馬直筆ってどうやって観点してるんやろか(´・ω・`)
  • 今まで直筆が見つかってなかったのに写しがあったって考えるとこういう人らのリサーチ力に感服ですわ

色々な視点からの声が上がっていましたが、坂本龍馬というビックネームの話題だけに、興味を持つ人も多いようですね!

歴史は色々な説があり、どれが本当のことなのか、なにかある度に更新されることもありますが、今回の件や1月の手紙の発見からまた新しいことが分かることも期待しましょう!


スポンサーリンク
記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

坂本龍馬直筆の手紙発見!今になって見つかった手紙の内容とは。


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!