桜田淳子が芸能復帰?危惧される統一教会の動きとアンチ霊感商法の声

4月7日、元歌手・桜田淳子が3年ぶりに芸能活動を再開するそうだが、宗教団体の活動活発化を危惧する声が相次いでいる。

統一教会の被害を見ると軽視できない問題に、、、


スポンサーリンク

桜田淳子が芸能界復帰!?

桜田淳子といえば1973年(昭和48年)2月25日に歌手デビューし、同年11月にオリコンチャートベストテン入を果たすなどしてそれなりの人気があったものの、19歳頃から統一教会(現世界平和統一家庭連合)に入信し、合同結婚式にも出席しました。

これがワイドショーなどで激しくバッシングされ、また霊感商法に関わっている疑いがあり、その後、芸能活動を休止していた人物です。

今回、その桜田淳子が2017年4月7日「スクリーン・ミュージックの宴」にて芸能復帰を遂げるとの話が波紋を広げています。

復帰の目的


今回の復帰の目的統一教会の布教活動ではという声が上がっています。

2013年にも20年ぶりの復帰コンサートと称してコンサートを行っていますが、このとき4200円のチケットは即完売し、ネットオークション等では20万の値段がつくほど。

これも統一教会桜田淳子を看板にして勢力を取り戻すためのものではないかと言われていました。

というのも、統一教会・創始者である文鮮明(ぶん・せんめん)が2012年に死去しており、それ以来、求心力が弱まっているということから、桜田淳子を大々的に取り上げること信者の士気高揚と知名度を上げることが目的だったのではと言われています。

当時(2013年)コンサートを訪れたサンミュージックの相沢正久社長も各取材に対し「桜田淳子が脱会しない限り同事務所での復帰はない」と断言していることから、そのときも入信中だった可能性が非常に高くなってます。


スポンサーリンク

そもそも統一教会とは?

統一教会とは1954年5月1日韓国・ソウルで文鮮明によって創立された宗教で、文鮮明がキリストの生まれ変わりと崇められ、「神様の真の愛を相続しよう」をテーマに活動する団体です。
※現在は名称は「世界平和統一家庭連合」

しかしその実態は霊感商法まがいなものが多く、先祖の因縁や霊の祟りなどの話を用いて、法外な値段で商品を売ったり、不当に高額な金銭などを取ることが多々あり、「統一教会被害者の会」が立ち上がるほどです。

中には老人から何度かにわけてお金を降ろさせて家族安寧のための高額な壺を買わせたり、借金をさせるマニュアルに乗っ取り、合計7500万以上を騙し取られたという事例もあり、

1987年~2004年まで18年間の合計の被害数だけでも、2万6000件総額940億円もあるそうです。

創始者が亡くなった今もなお被害の声が続いてる同会では、何が崇められ布教活動が行われているかがわかりませんが、被害が出ている以上、安心して見ていることはできなさそうですね。

信者の全員が悪い人ということはないと思いますが、被害にあうひとがこれ以上増えないことを望むばかりです。


スポンサーリンク

他の宗教問題はこちら

久本雅美が「創価学会に入らないから」干した芸能人。その驚愕な手口が…

幸福の科学から清水富美加の直筆メッセージを公開!内容がヤバすぎ…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

桜田淳子が芸能復帰?危惧される統一教会の動きとアンチ霊感商法の声


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!