【画像】桜塚やっくんの事故現場に写ってはいけないものが…

あの人は今 芸能


「運転の難所」として有名な、美称インターンチェンジ-美称西インターンチェンジ間で交通事故を起こし、亡くなってしまった桜塚やっくん。

どうして桜塚やっくんが亡くならなくてはならないような、事故が起こってしまったのでしょうか?

また、どういうわけか亡くなった桜塚やっくんのブログが、未だに更新されているというのです…。


桜塚やっくんが心臓破裂で事故死

『スケバン恐子』ネタで大ブレイクした桜塚やっくんが、美称インターンチェンジ-美称西インターンチェンジ間で交通事故のため、亡くなるという事故が起こりました。

桜塚やっくんが無くなった現場はもともと、「運転の難所」と呼ばれているような場所で、以前から交通事故が起こることが多かったと言われています。

1976年9月24日生まれの桜塚やっくんは、享年37歳というあまりにも若い死…。

事故死をするまで毎日のようにブログを更新して、元気そうな様子を綴っていた桜塚やっくんが37歳で突然亡くなってしまうなんて、誰が想像できたでしょうか…。

桜塚やっくんの突然の悲報に、世間は悲しみの波に包まれました。

桜塚やっくんはなぜ事故に巻き込まれたのか?

桜塚やっくんが亡くなってしまった事故当時、ワンボックスカーに桜塚やっくんを含め5人が乗車していたといいます。

なんと桜塚やっくんと一緒に車に乗っていたのは、『美女♂men』というバンドのメンバーで、コンサート会場のある熊本県に向かう途中だったのだとか。

事故当時、車を運転していたのは桜塚やっくんでした。

桜塚やっくんが亡くなった事故現場は、事故多発地点で下り坂の上に、S字カーブ。

※以下の動画に事故現場の詳しい情報があります。

しかもその当時、事故現場は雨が降っていたといいます。

そんな「運転の難所」と呼ばれる現場で桜塚やっくんの運転する車は、雨のせいもあってかスリップして中央分離帯にぶつかってしまったのだとか。

後続車に事故が続かないように、というとっさの判断で『美女♂men』のマネージャーが車外に…。

また、塚やっくんはマネージャーを庇うかのように、車外に出たと言います。

その時後続車が続き、マネージャーは即死。

桜塚やっくんは後続車にはねられ、病院に緊急搬送されました。

30分間にも渡る心肺蘇生が行われましたが、桜塚やっくんは帰らぬ人となってしまったのです。

ほとんど即死だったという桜塚やっくんですが、心臓が破裂、肺は半分に縮み、頭蓋骨は陥没していたのだとか。

つまり、桜塚やっくんは他のメンバーのために身を差し出すかのように、亡くなってしまったのですね。

桜塚やっくんの勇気ある行動がなければ、2台の後続車が続いて『美女♂men』のメンバーが乗る車に突っ込んでいたかもしれません…。

ファンや『美女♂men』のメンバーから人望が熱かった桜塚やっくんですが、

最後までメンバーのことを一番に考えていたとは、感慨深いものがあります。

事故現場でもメンバーの安全を一番に考えていた桜塚やっくんに称賛の声が集まる…


1 2 3