犬と猫の殺処分問題。神奈川県が行なった殺処分ゼロの取り組みに称賛の声

国内ニュース


この現実をみなさんはご存知だったでしょうか?

 

犬や猫の殺処分は日本全国で12万8000頭

単純計算でも1日350頭の犬や猫が全国で殺処分されていることになります。

 

そんな中、神奈川県が殺処分ゼロの取り組みを行い

2年連続で犬と猫の殺処分がゼロとなっています

 

ちなみに殺処分ゼロは全国を見渡してもほとんどありません。

この神奈川県の取り組みが全国に広まってくれることを切に願います。

 

神奈川県が行なった殺処分ゼロの取り組みは

一体どんな取り組みなのか解説していきます。

殺処分はどんなことをしている?

2265_14421121111811

身勝手な人間たちが自分の身勝手な理由で犬や猫を動物保護センターに連れ込み、殺してもらうのです。

その数は毎年13万匹ほどの犬や猫たちが犠牲になっています。

 

殺処分の方法は「安楽死」と呼ばれている方法です。

二酸化炭素ガスを注入したり、麻酔注射を打ったりする方法となりますが実際は痛みや苦しみを伴います。

 

動物病院などで、やむを得ず安楽死を選ばなければならない場合

痛みや苦しみのない麻酔注射をすることがありますが

それは殺処分での安楽死のやり方とは違います。

 

その理由はコストがかかるからです。

殺処分は、犬や猫たちのことを考えることなく、

すべて人間の都合で行われています。

殺処分ゼロの取り組み

13418

知事が『殺処分ゼロ宣言』をしてくれたおかげで

少しずついい方向に動き出だしています。


しかし、殺処分を減らす努力は、

昔からずっと同じように皆続けていました。

今回達成できた殺処分ゼロは

センターの職員・ボランティアの連携・モチベーション・タイミングが

たまたま合って達成できただけで実は課題が山積みです。

殺処分ゼロの苦悩

normal

殺処分ゼロも犬にとって時には残酷な場合もあります。

センター内でもう立ち上がれなくてご飯を食べる事も出来ず、

床ずれだらけ・ウジだらけな犬を殺す事(安楽死)が出来ないんです。

殺処分『イチ』になってしまうから。

センター内で殺さずここに持って来ないといけないんですね。

持ってきたその日のうちに、そのまま死んじゃった子もいっぱいいました。
達成する為に週に4~5頭連れてきて、

多い時に週に3~4頭ここで死んでる時期も時もありましたし…

『ゼロ』という数字にみんな喜ぶんですけど、

でも実は犬達が苦しまないといけない場合もあるんです。
安楽死をさせた方がいいっていう判断を時にはしなくてはならない場合もあります。

殺処分0を目指して

Cat and dog together in front of white background

殺処分がないことは本来あたり前のことです。

犬や猫を売ってお金を稼ぐために子犬や子猫をたくさん産ませる人たちがいて、

子犬や子猫の可愛さに一目惚れをして深く考えず無責任に犬や猫を飼う人たちがいます。

そして結局飼えなくなったり、飼う人がいなくて「余ってしまった」犬や猫たちは捨てられ、殺されてしまいます。

それはとても身勝手で、おかしいことだからです。

犬や猫たちは、人間に利用されるために生きているわけではありません。

これは私の個人的な意見ですが、犬や猫たちも人間と同じで、

幸せになるために生きているんだと思います。

 

殺処分がないのはあたり前だから、殺処分室のない動物保護センターもできてあたり前と言えると思います。

それでも、これまで動物先進国の前例がありながらも、なかなかできなかったものがつくられ始めたのは、

殺処分を0にするためのとても大切な1歩です。

1人1人ができることを

25b2916b5c49db617f52fa5ea48efee741

殺処分はきっと、少しずつながらなくなっていくものだと思います。

それは、殺処分は本来あるべきものではないからです。

おかしいと気づいた人から、「殺処分をなくすべき」と声をあげています。

 

地道に犬や猫たちの世話をしながら、新しい飼い主を探す活動をしているボランティアさんたちもたくさんいます。

そして、今回のように殺処分室のない動物保護センターが建設されたりと、

殺処分をなくす動きは少しずつ加速しています。

それでも、1日でも早く殺処分をなくすために、

1人1人ができることから始めてみるということがとても大切なのかもしれません。