性行為をやめると現れる体の変化!デメリットばかりだった…


性行為をやめると体に現れる変化!デメリットばかりだったと話題になっています。



スポンサーリンク

性行為をやめると体に現れる変化10つ

結婚して長くなるとパートナーとの営みが減るのは珍しくありません。しかし、しなくなったり禁欲期間が続くと体に色々な変化が起こっていきます。

今回は性行為をやめると体に現れる変化10つを紹介します。

1.病気になりやすくなる

平均週1~2回の行為をしている人は、1回未満か全くしない人よりも免疫グロブリンが高いレベルにあることが判明しています。

免疫グロブリンは免疫力を高める効果を持つ抗体タンパク質で、このレベルが低いと免疫力が落ちて風邪やインフルエンザ、その他の感染症にかかりやすくなってしまいます。長い間してない場合、ハーブティーなどで免疫力アップをするとよいです。

2.ストレスが溜まる

「2週間に1回程度していればストレスを溜め込まない」とスコットランド・ペイズリー大学のStuart Brody教授は導き出しています。


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

性行為をやめると現れる体の変化!デメリットばかりだった…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image