【スカッとした話】銭湯でマナーが悪い親子にかけたヤクザの言葉

800x500

銭湯でマナーが悪い親子にかけたヤクザの言葉

今回は銭湯で体験したスカッとした話を紹介します。


スポンサーリンク

マナーの悪い子供に注意したのは・・・

公共の施設でマナーの悪い子ども。

それを注意しない親。

そんな彼らに声をかけたのは

他の誰でもなくヤクザのお兄ちゃんでした。

 

怒鳴られると思いいきや…。

彼らの心の美しさに幸せな気持ちにさせられる話です。

 

銭湯で体験したスカッとした話

僕は週末になると必ず彼女と一緒に

銭湯にいく。

 

そして、帰りに焼鳥をやる。

これがいつもの週末。

 

下町のため需要があり、

7時頃なんて洗い場が

満席になってることも珍しくない。

 

 

まず、サウナに入ろうと思っていたが

この日は混んでいたので僕は湯船につかりながら

誰かが出てくるのを待っていました。

 

しかし、なぜかいくら待っても帰ってこない。

 

 

 

仕方なく、湯船にずっとつかっていると

倶利迦羅悶々の3人が入って来た。

 

なんかやばいことになったな。

と思っていたら、

その後に子供を4人つれた

お父さんファミリーが入って来た。

 

この子供たち4人がきわめてマナーが悪い。

湯船に飛び込んだり、泳いだり・・・

そして、父親は放任。

 

父親はちょっとガタイのいい感じで、

堅気ではあるが腕っ節は強そうな感じ。

 

私は寒かったので

「まあいいや、目をつぶってあったまろう」と。

 

そのうち子どもたちが体を洗いだした。

洗い終って湯船へ。

 

もちろん洗面器は片付けもせずに

ほっぽりだして風呂に入ってきた。

 

ごちゃごちゃしてるのを見てると

なんだか気分が悪いので

仕方なく子供たちがちらかした洗面器と椅子を

私が片付けました。


スポンサーリンク

そこで、倶利迦羅紋々のうちの一人が

 

「おい。おまえらも手伝え」

 

ってことで、若い衆と三人で片付けるはめに。

 

子連れの父親

自尊心をくすぐられたのだろう・・

子供たちに

 

「どんなことしてもいいけど

ああいう人たちになっちゃダメだよ」

 

と周りに聞こえるように言った。

 

 

しかし、そこは玄人さんやくざ三人は

逆に笑顔だったので逆に怖さ演出。

 

私とやくざは呆れていた。

 

まあそんなこんなで

湯船から上がり脱衣所で

先ほどの親子とヤクザが鉢合わせた。

 

脱衣場でやくざの頭目がひとこと。

 

「そうだな。お父さんの言うとおりだ。

俺たちみたいになっちゃならねえ。

 

でもな、まわりの人間のこと

考えられねえ大人になるのが、

もっといけねえ」

 

これに対して、子供たちの父親は

ぐうの音も出せない様子だった。

 

ネットでの反応

・サウナ関係ないがGJ

 

・マナー悪い人ってやっぱいるよね!

 

・下手なチンピラだったら…ボコられてた?

 

・サウナの人気に嫉妬

 

こういうやくざもまだいるんだと、

胸がすく思いでした。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ ヤクザ幹部の極道ママの女たちの刺青をご覧ください。(画像あり)

 

⇒ 暴力団・山口組が熊本市内でボランティア。その様子が凄すぎる!