戦前の女子高生が今と変わらないと話題に!タイムスリップした?

1916年から1940年までの日本の映像が
海外のメディアで公開されました。

その映像で戦前の女子高生が
現代と全く同じ格好をしていると話題になっています。



スポンサーリンク

戦争前の女子高生のファッション

いつの時代も「流行の最先端」と呼ばれてきた女子高生。

女子高生が次々に新しいブームを作ってきたのは
もはや周知の事実ですね。

今回話題になっているのは
1932年、今から約84年前の女子高生も
現在の女子高生となんら変わらず
時代の最先端を走ってたということです。

話題の画像がこちら

さらに、人工知能でカラー化すると・・・

現代と比べても、
それほど変化のない女子高生の姿。

ファッションの歴史は繰り返すといいますが、
意外な事実に驚いてしまいました…。

しかし、この映像が撮影されたのは1932年、
なんと84年も前の映像だというのです!

第二次世界大戦が始まったのが1939年。
つまり、戦前の映像となります。

しかも1932年時点で女子高生ということは
現在もご存命であれば、
100歳のおばあちゃんということに!

こちらが海外で話題となった映像です。

女子高生が登場するのは1:15あたり。


スポンサーリンク

タイムスリップは本当のある?

タイムスリップをテーマとしたフィクション作品は
今も昔も人気が衰えることのないテーマ。

実際に海外では都市伝説化もしているくらい。

どれも確実と言える証拠もなければ
反証も存在するようです。

タイムスリップに関してはロマンでもあるので
ロマンはロマンのままにしておくのがいいのかもしれません。

1932年にストッキング(黒タイツ)が存在していたのか?

1932年、今から約84年前に
「ストッキング(黒タイツ)」が存在していたのか。

非常に気になる疑問ですが、
明治16年には、ストッキングのようなモノは存在していたとされ
(鹿鳴館が建造された際の写真に、着用している画像があるのだそう。)、

1929年(昭和4年)には
ドイツのフィルシャー社がストッキングを製造。
当時はかなりの高級品だったとのことです。

街行く女子高生を見て

「私の女学校時代にそっくりだわ!」

なんて言うお婆ちゃんがいらっしゃいますが、
あながち嘘ではないのかもしれませんね!

ネットでの反応

・デザインは繰り返すということかな。

・黒ストだぁぁぁ!
この時からあったのね!!

・文字通り『全く同じ』だ。
戦中戦後のイメージが強いから、
戦前のイメージってあんまり無いんだよね。

・タイムスリッパーやろ


スポンサーリンク

関連記事

100年前の明治時代で撮影された日本人女性が可愛すぎる!