死後に起きること。ウジ虫が身体の60%を食い尽くす?(画像あり)

日本では人は死んだ後火葬されます。

しかし、そうしない場合、

ウジ虫が体の60%を食い尽くす

一体、どういうことなのでしょうか。


スポンサーリンク



身体の変化

オーストリアの精神分析学者

精神科医のフロストが

 

 

「あらゆる生あるものの目指すところは死である」

 

という言葉を残しています。

 

人間、永遠には生きられません。

だからこそ、人は死を恐れます。

 

人間の身体を生命活動をする物資

としてとらえれば、死後は

細胞レベルでの腐敗が始まります。

 

その過程を図で表すと

こうなります。

 

0527_13

細かく順番に見てみましょう。

 

①心臓が止まるとともに血液の流れが停止する。

心臓が止まった時を、

医学的には『死亡時刻』とし『死』とします。

 

いったん心拍が止まると、

体中に酸素を巡らせていた血液の流れがなくなり、

酸素を奪われた体のあらゆる部位に死が訪れます。

 

②体の色が変わる。

血液の流れがなくなると、

体の色が変わり始めます。

 

地面に近い方の皮ふの一部が、

赤紫あるいは青紫色になるのです。

 

2-36

 

③死斑(しはん)が出来る

血液が局所的に固まりだし、

その部分だけ皮ふの色が変化します。

 

その時にできる

アザのようなものを死斑と呼んでおり、

死因によって色が変化します。

 

3-36

 

④死後硬直

人間は37℃の熱を失い、

徐々に外の温度と同じになります。

これを死冷(しれい)と呼んでいます。

 

その後、死体の筋肉が固まって

動かしにくくなる『死後硬直』が

すぐにではないですが始まっていきます。

 

室温20℃では、

亡くなってから約2時間ほどで始まり

死後12時間ほどで全身にいたります。

 

さらに数十時間経つと、

筋肉のタンパク質が分解され筋肉組織が崩壊し、

筋肉は一切の役目を終えて死後硬直がとけるのです。

 

⑤皮膚の伸縮

体中の筋肉が既に役目を終えてしまっているため、

皮膚がゆるんだ状態となります。

 

その後、皮膚が水分を失い、

体全体の皮膚は収縮するのです。

 

眼球の水分も蒸発していき、

眼周辺の落ちくぼみが

目視で確認できるようになります。

 

7-36

 

⑥便や尿の排出

死後硬直が解けると筋肉がゆるむため、

お尻にある括約筋もゆるんで開いた状態になります。

そのため死体から尿や糞便が排出される場合が。

 

ただし、これは必ずしも起きるとは限らないことです。

 

⑦腐敗臭が出てくる

細胞が死ぬと酵素を放出し、

自らの細胞を消化し始めます。

 

その後、腸内細菌やバクテリアが

体内のタンパク質、炭水化物などを分解し始め、

有害で悪臭なガス(腐敗臭)を発生させるのです。

 

⑧動物が死体に入り込み、食べ始める

腸内細菌やバクテリア等が体を分解し始めると、

彼らが生成した匂いに釣られて

ハエたちが体中に卵を産みつけるのです。

 

数時間で産まれた幼虫は体内をむしばみ始めます。

 

11-39

 

⑨体全体が膨らみ、内臓が全てガスや液体に

内臓部分で生成された腐敗ガスは

体全体を膨らませ、目を圧迫して

目のくぼみから飛び出させたり、

舌を口から飛び出させたりします。

 

その後、タンパク質の分解が起こり

いままで結合していた

細胞同士が離れ壊れていくのです。

 

そして全ての臓器を消化して

液体やガスを生成します。

 

⑩白骨化

死後、最後に身体の部位で残るのは骨。

骨以外は、バクテリアなどによって

全て消化されてしまうのです。

 

最後まで残った骨も長い年月をかけて、

バクテリア、藻、菌類などによって分解され、

最終的に土へと還ります。

 

17-35

 

腐敗した時にウジ虫が食べ散らかすのは

体の60%と言います。

 

自分が死んだ後にウジ虫に食べられるとか

寒気しますね・・・

 

しかし、先にもあげたように

日本では火葬があります。

 

バクテリアなどのお世話になる前に

火葬され、灰になる。

現在ではこれが普通の流れでしょう。

 

人間だけでなく、命のあるものは

やがて地球にかえる。

土の肥やしになるのが自然です。

 

この先、科学がもっと発達したら

冷凍保存や脳の移植なども

あるかもしれないですね。

 

さらにクローン技術が

完成することがあったとしたら・・・

 

これからどうなってしまうのか。

どこまで科学が進化すのでしょうか。

 

ネットの反応

・永遠のテーマだな

 

・死ぬのは怖くない。

っていうやつもいるな

 

・分子レベルまでいくとそうなる

 

・量分子学的な考えはまた違う!

 

昔から、王様も皇帝も

永遠の命を欲しがるものですよね。

 

しかし、命あるものに平等に訪れるのは死です。

 

科学が進歩しても、そこを覆すのには

倫理的な歯止めがあるでしょうね。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 人間が死ぬ瞬間のMRI映像を初公開!これは驚愕・・・(動画あり)

 

⇒ 死ぬ1秒前に人が体験することが怖すぎると話題に。臨死体験が科学的に解明!