史上最悪の殺人鬼の死刑当日。400人の幼児を殺した男は死刑の間…

恐怖


その2年後の1926年10月5日、

5歳の少女(エマ・リチャードソン)を誘拐、殺害。

 

1927年2月11日、

3歳と12歳の友人兄弟と遊んでいた

4歳のビリー・ガフニーを誘拐

 

3歳の友人は警察に

 

「ブギーマン(子供をさらう伝説上の悪い妖怪)が来たの」

 

と証言したため、

地元新聞は「ブギーマンが出た」と大々的に報じ、

大騒ぎとなった。

 

死体を食べていた

アルバートはそんな騒ぎを気にすることなく、

ビリーをライカー通りの家に連れて行き、翌日まで監禁。

 

翌午後2時にアルバートは家に戻り、

ありとあらゆる拷問をして殺害。

 

遺体をバラバラにして、

頭部と両腕、膝から下の両足は


1 2 3 4