寝すぎは短命になる!ショートスリーパーな有名人の特徴と訓練方法

仕事・ビジネス


1980年代にアメリカで100万人を対象に、睡眠と寿命の関係性が調査されました。

その研究結果によると、最も死亡率が低かったのは、睡眠時間が1日6.5~7.5時間だった人。

7.5時間以上の睡眠をとっていた人は、それよりも死亡率が20%高かったらしいです。

また日本でも、同じような研究がされています。

40~79歳の男女約10万人を対象に、10年間調べた結果、

死亡率が最も低かったのは、男女とも睡眠時間が7時間の人たち
出典;ダイヤモンド・オンライン

だったそう。

反対に睡眠時間が7時間以上の人は、死亡率が高まることが判明しました。

ショートスリーパーになりたい人向け!訓練方法は?

とあるアメリカの研究によると、ショートスリーパーの人は「DEC2」という遺伝子を持っていることが分かっています。

日本では、5~8%の人がショートスリーパー。
ロングスリーパーは3~9%で、80~90%が睡眠時間6〜10時間のバリアブルスリーパーだそうです。

そしてこのバリアブルスリーパー、または遺伝子の「DEC2」を持ってる人は、訓練次第でショートスリーパーになれる可能性大

ショートスリーパーになると、

「睡眠時間が削られるため、他のことができる」

ことが大きなメリットです。

では、ショートスリーパーになりたい人向けに、その訓練方法をご紹介します。

ショートスリーパーになりたい人は「睡眠の質を上げろ!」

ショートスリーパーになるために1番重要なことは、睡眠の質を上げること。

しかし睡眠の良さは、残念なことに睡眠時間の長さとは比例しないんですね。

なので睡眠の質を上げるために、

  1. 日中は日光を浴び、アクティブに過ごす
  2. 夕食は就寝の3時間前に済ます
  3. 就寝2時間前までに入浴(体を温める)
  4. 定期的に運動をする

などを心がけましょう。

最初は体を慣らすために、就寝時間を1週間ごとに、15分ずつ遅くしていくのがおすすめ。

睡眠の質が上がると、これまでに7時間必要だった睡眠が、5時間ほどで十分になります。

ちなみに、「ショートスリーパーになるための方法を試してみたら、日中やはり眠たくなった」という方達。

人間が午後2〜4時頃眠たくなるのは、体内時計的に自然なことらしいですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

1日の睡眠時間が短くなれば他のことに時間を費やすことができ、非常に効率的だと思えますよね。

しかし一方で、「睡眠時間は人それぞれ違う」という見解もあります。

無理にショートスリーパーになろうとして睡眠時間を削っては、健康面でも害を及ぼす恐れがあるので、注意して下さいね。

 


1 2