島田秀平の怖い話「階段が十三段のアパート」

恐怖


 

「どうしてか、この物件は2週間を持たずしてみなさん引越してしまうんです。

1人だけ2週間もった方がいらしたのですが、

その方は13日目に亡くなられたんです・・・」

 

不動産はこのように語ったという。

間違いなく本物である。

 

しかし、後輩のAは「大丈夫ですよ♪」と

この物件を契約することに。

 

ネタになればいいやという気持ちと、

金銭面の両方で決断したそうだ。

 

住み始めると・・・

しかし、住み始めてから

1日目に島田にAから電話がかかってきた。

 

「島田さん!あの物件はやっぱりやばいですわ!

毎晩深夜2時22分に子供の声が聞こえるんです!

でその後、階段の方からコツン・・


1 2 3 4