新入社員に牛丼を買いに行かせた結果。「俺にとっての普通は…」

自分の普通が、相手の普通と同じとは限らない

言葉が足らないのか、察しが悪いのか・・・

どっちですかね?


スポンサーリンク



新入社員に牛丼を頼んだ結果

会社によっては、新人がお昼を買いに行く。

そんなこともありますよね。

 

そんな時のお話。

「これで普通の牛丼買ってきて、人数分ね」

 

並盛りの牛丼弁当なら、人数分買っても

2000円で足ります。

 

なので、そう言って2000円を渡し

新入社員に牛丼を買いに行かせることに。

 

「わかりました!」

そう元気な返事をして買いに行った新入社員。

 

少し経ち、帰ってきての第一声は

「買ってきました!

〇〇さんから渡されたお金じゃ足りなかったので

俺のお金を自腹で足して買ってきました!」

 

『2000円あれば足りるはずなのに?』

と思いながら、

「ご苦労様」と新入社員を労い

袋の中から牛丼を取り出します。

 

すると、なんと!

全部、大盛りなのです。

 

1025_g1

 

先輩:「おい、俺普通の買ってこいって言ったよね?」

新人:「え?だから買ってきましたよ。普通の。」

先輩:「普通ってこれ全部特盛じゃん」

新人:「俺にとって普通は特盛なんすよ!」

先輩:「・・・。」

 

なんで『普通の牛丼』と言ったのか・・・

『波盛り』と言っておけば・・・

 

そう後悔しても後の祭りですね。

 

先輩社員が先輩社員なら、新入社員も新入社員。

この会社はこういった言葉の行き違いで

これからもトラブルが絶えないかもしれないですね。

 

ネットでの反応

・普通の(トッピングなしの)牛丼とも取れるよな。

 

・そもそも自腹切って特盛買うって選択肢が思い浮かばない

 

・無能上司の指示がふわっとしているか

食事する際にもやんわりと指摘する有能新人。

 

・『普通の牛丼』って言われた時に確認しろよ。

「もちろん特盛ですよね?」って。

 

私の中でも普通=並盛りになってますけど

そう思い込んでるのも事実。

 

上司が無能か、新人が無能か

ネットの反応は分かれましたけど、

どっちもどっちですよね・・・。

 

おごってもらう時のあるある

部長と先輩、新人の3人で

牛丼を食べに行った時のことです。

 

clxasklugaiu5sl

 

部長:「私は牛丼並かな」

先輩:「じゃあ自分も同じものを」

新入:「カレーぎゅう大盛りで!」

 

部長&先輩:ポカーン・・・

 

新入:「・・・え?あっ!」

部長:「いや、大丈夫大丈夫。

みんな最初はそんなもんだよ」

 

先輩:「すみません教育不足で・・・」

部長:「なに、社会人として大切なことに

いま気が付けたのだからいいじゃないか」

 

新入:「本当にすみません・・・」

先輩:「お前も部下が出来たら部長みたいに優しくなれよ」

新入:「はいっ!」

 

一瞬ヒヤッとしたが

何とか事なきを得たと言います。

 

もちろん仕事終わってから

新人に対して喉が枯れるぐらい説教はしたそうです。

 

上司よりも高い物頼んじゃダメとか

同じものを頼むとか

暗黙の了解的なのってありますよね。

 

ご飯くらい好きなの頼んでいいじゃん!

って思えますけどね。

 

これできてないと、頭固い人とか

「これだから最近の若いのは・・・」

とか思うんだろうなぁと。

 

いろいろ面倒ですね。

 

あるあるに対してのネットの反応

・最初から牛丼並3つ頼んどけや

 

・正直何で合わせなきゃならんのだとは思うけどな

 

・部下がメシ付き合ってくれるだけ有り難いと思え

 

・そもそも大抵の成人男性は並じゃ足りないやろ

 


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 【驚愕の事実】親指と小指くっつけて手首に腱が浮かぶとヤバイ?

 

⇒ 小2算数で『8×7+17=73』を担任教師が不正解にした驚愕の理由