中学生の姉を妊娠させた9歳の弟(小学生)が鬼畜すぎると話題

お役立ち 国内ニュース


中学生の姉を妊娠させた弟(9歳がいることが判明し、ネット上で話題になっています。いったいどういうことなのでしょうか?小学生の弟と生行為をしてしまった鬼畜すぎる兄弟、現代の小学生・中学生はどうなっているのか…?


中学生の姉を妊娠させた9歳の弟!一家が凍りついた事実が判明

日本国内において14歳未満の出産児童生徒内訳がありました。

こちらの画像を見てお分かりのように、14歳未満で妊娠のみならず出産している事例が少なくありません

義理の父親との性行為で妊娠してしまったということはよく耳にする話ですが、同級生や兄、まさかの弟というパターンもあるのですね。

教師と不純な関係を持ってしまったりと、これがやばすぎる日本の現状なのです…。

しかも、妊娠してしまった中学生の姉は帝王切開で弟との子供を出産しているとの報告が。

きっと2人の両親が出産することを許し、子供として育てたのでしょう。

それが親としての責任の取り方になると思います。

発展途上国の性実情

さて、ここで発展途上国の性事情についてお話ししましょう。

2014年、ノーベル平和賞をパキスタンのマララ・ユスフザイさんが受賞しました。

マララさんは、史上最年少の17歳で受賞。女性や子どもの権利を訴えてきた事が評価されたのです。

受賞の翌日に、東京都内で世界の女の子が置かれている現状と支援のイベントが開催されています。

世界の途上国では、9人に1人が15歳未満で結婚しています。

15歳頃に妊娠して出産している事例も数多いと言うことです。

性行為の低年齢化が指摘されています。避妊の知識が伴わないため、妊娠してしまうことも考えられます。

兄や弟との性行為の結果、妊娠・出産してしまうとは衝撃です。自分が親だったらと考えると本当に怖いですね……。

日本でも多発!小学生・中学生の妊娠が急上昇

Yahoo!知恵袋での質問が話題になっています。

話題になっている質問が以下の画像の通りです。

小学生 中学生 妊娠

 

 

 

 

どのような形で両親に

伝えるべきでしょうか。
また、相手の母に
伝えるべきでしょうか。

分かりにくく長い文章で
ごめんなさい。
補足は言ってくれれば、
させていただきます。

ぜひ、意見をください。

引用:Yahoo!知恵袋

中学生で妊娠してしまいました。」というタイトルがとてもインパクトが強い印象を受けます。

性に対して好奇心旺盛の中学生。妊娠してしまう主な理由としては、

  • 避妊をしていなかった
  • 避妊用具を使用したが、うまく装着されていなかった

上記がほとんどなのです。

小学生・中学生は性の知識も経験も少なく、一度過ちを犯すと、妊娠・出産と非常事態になり兼ねないのです。

性教育が授業の一環として取り入れられていますが、まだまだ性教育には大きな課題があることには間違いありませんね。

小学生・中学生の性の関心が高まったのはインターネットせい?

専門家の間では、性教育に対してだけでなく「時代の変化がそうさせた」という見解も出ています。

スタイリッシュな女の子、タブレット、ソファ 無料写真

考えられるのは、小学生や中学生、いわゆる18歳未満の未成年者でも簡単にネットでAV動画や画像を検索できるようになったことが挙げられます。

今の時代、ネットが主流になりどんどんIT化が進んでおります。

無料のAVサイトも多く、小学生・中学生でも簡単にアクセスできるようになりました。

しかし所詮ネット、所詮AVサイト。

そこには誤った情報が記されていることもあるのです。

避妊用具をつけずそのまま性行為をする動画もちらほら見かけますよね。

全てがネットのせいとは限りませんが、少なからず小学生・中学生が妊娠してしまう原因はここにもあるのではないかと思われますね。

小学生・中学生で妊娠してしまったら

万が一、小学生・中学生で性行為を行い妊娠が発覚したら、すぐに動き出さなくてはなりません。

親御さんも迷っている暇はありません。

「もしかしたら妊娠してしまっているかも…」と思ったら、すぐに市販で販売されている検査薬にて調べることをオススメします。

絶対一人で悩まず、誰かに相談するようにしましょう。

ここでは、小学生・中学生の妊娠に対する質問や不安をまとめてみました。

親に相談したい、でも相談できない

幸せな父と娘と父の日の概念 無料写真

親に相談するか、しないべきか。未成年はお金もなく、頼れるのは周囲の友達ではなく一番の理解者である親ですね。

親に言ったら怒られるのではないか

心配したり、ショックを受けさせるのではないか

と考えるでしょう。

でも妊娠してしまったら、それどころではありません。

文句を言われても、親に打たれても、泣かれても必ず相談しなければならない時がくるはずです。

言いにくいのであれば、せめて母親だけにでも相談することです。

まずはどういう経緯で妊娠してしまったのか、これからどうしていきたいのかということをしっかり話し合ってください。

妊娠してしまったら学校はどうなるのか?

教師と教室に座っている子供たち 無料写真

小学生・中学生はまだ義務教育期間にあたるので、学校に通うことが必須となります。

しかし妊娠してしまったら別。

すぐに担任の先生に相談しましょう。(担任が男性なら、保健室の先生に相談するのがおすすめです。)

「休学」あるいは「転校」することになってしまうかもしれません。

学校の校則によって対処法が異なる可能性もありますので、妊娠・出産を決断したら早めに相談してください!

ネットの反応

・妊娠して堕胎しないのかね?

・弟との間の子供を出産するのも考えられない。

・性体験をするだけでなく出産するのか!

・兄弟との関係があるなら父親もあるんだよな

今回紹介した事例のように、中学生の姉と小学生の弟が性行為をしてしまったことについては、家庭内暴力も考えられますし、性的虐待もあるでしょう。

しかし多くは、社会や大人が守れるもの。

親は子供に寄り添い、責任をとること。幼い女性の人権が蹂躙されないよう、社会で監視していく必要があります。