SMAP解散の理由がヤバすぎる・・・。黒幕はあの芸能界のドンだった!!!

芸能


2016年8月14日に解散を発表したSMAP。解散の原因は、木村拓哉と香取慎吾の不仲説などが出回っていましたが、本当の原因は芸能界のドンによる独断的な暴挙だったということが判明しました。


理由を見ていく前に…SMAP解散の経緯をおさらい

誰もが認める国民的アイドルグループ・SMAP。一時代を築いた彼らがまさか解散してしまうなんて思っておらず、解散報道は寝耳に水といった感じでしたよね。

SMAPの解散が報道された後も、「メンバーたちは解散を思いとどまるはずだ」と信じていた人が多いのではないでしょうか。しかし、あれよあれよという間に実際に解散してしまいました。いったい彼らはなぜ解散を決意ししたのでしょうか?

その理由について見ていく前に、まずはSMAP解散に至るまでの経緯を簡単におさらいしておきたいと思います。

2015年1月 『週刊文春』がメリー喜多川のインタビューを掲載

2016年1月 『週刊新潮』がSMAPの解散危機を報道、それを受けてSMAPが『SMAP×SMAP』で謝罪会見

この際、解散ではなく”一時活動休止”すると報じられました。

2016年8月14日 SMAPが12月31日をもって解散し、木村拓哉以外のメンバーは事務所から独立するこすることが正式に発表されました。

2016年12月31日 SMAP解散

このように『週刊文春』に掲載されたメリー喜多川のインタビューによって、SMAP解散の流れができ、約2年の時を経て解散に至ったと考えられています。

その裏にはSMAPを長年支えてきた女性マネージャーの存在と、それをよく思わない“芸能界のドン”メリー喜多川との対立の構図があると噂されているのです。

SMAP解散の理由と言われる女性マネージャーの存在

SMAPの5人には、かけがえのない存在の女性マネージャーがいました。ここではその女性マネージャーについて解説していきたいと思います。

その女性マネージャーの名前は、飯島三智(いいじまみち)さん。こちらが彼女の写真です。

飯島三智は始めジャニーズ事務所の事務員として働いていました。なかなか売れないSMAPを見てマネージャーを志願。バラエティ番組やドラマの脇役にもメンバーたちを出演させることで、SMAPの知名度を上げてスターに成長させました。

SMAPの5人にとっては母親代わりとまで言われるほどの親密さで、SMAPは飯島さんにずっと支えられ、飯島さんがいなかったら今のSMAPはないだろうというほどの人物でした。

飯島三智とSMAPの絆がわかるエピソード

飯島三智とSMAPの有名なエピソードを少し紹介しておきます。まずは、中居正広とのエピソードです。

ジャニーズの力で他媒体は黙殺したが、中居が一般人のOLを妊娠させて、本人の意思を無視して中絶させたという事件があった。

この時、中居に代わって、OLに理不尽にも中絶を迫ったのは飯島氏だった。

今から16年前。2000年に起きた事件で、中居正広が一般OLを妊娠させてしまい、そして中絶させたという事件がありました。この時に1番親身になって中居正広を支えたのは女性マネージャーの飯島三智だったと言われています。

そして次に稲垣吾郎とのエピソードもあります。

稲垣が渋谷の路上で道路交通法違反容疑と公務執行妨害容疑で逮捕された時も、スキャンダルに発展しないように奔走したのが飯島氏だ。

稲垣吾郎が駐車禁止で捕まりそうになり、それを逃げようとした稲垣の車で女性巡査を傷つけてしまったという事件がありました。その時も飯島三智は必死になって稲垣の味方をしたそうです。

最後に草彅剛とのエピソード

草なぎが公然わいせつの現行犯で逮捕された時も、復帰絶望といわれた草なぎを早期復帰させたのも彼女の力だった。

草彅剛が酔っ払って公園で裸で騒いだという事件を覚えている人も多いと思いますが、この時も影で支えていたのは飯島三智だったのだそうです。

様々な苦境をSMAPと二人三脚で乗り越えてきたのが、女性マネージャーであった飯島三智なのです。しかし、この女性マネージャーの飯島三智が、芸能界のドン「メリー喜多川」によって引きずり落とされてしまうという事件が起きました。

この事件こそが今回のSMAP解散の大元の理由であると言われています。

飯島三智に対するメリー喜多川の悪態がSMAP解散の理由に?

SMAPを愛し、SMAPに愛されていた飯島三智。しかし、彼女が芸能界のドンの嫉妬によって、SMAPのマネージャーから外されてしまうという事件が起きました。

メリー喜多川とは、ジャニーズ事務所の副社長であり、ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川の実の姉でもあります。メリー喜多川の写真はこちらです。

現在はもう90歳という年齢なのですが、ジャニーズ事務所の副社長ということで、芸能界ではドンとして扱われており、持っている権力もかなりのものと言われています。

そのメリー喜多川がSMAPのデビュー当時から嫉妬し続けていたのが飯島三智でした。SMAPとメリー喜多川との間にはこんなエピソードがありました。

「ジャニ―喜多川社長が、デビューする前に、まだ小学校6年生だった香取慎吾を連れてきて『この子たちをデビューさせるんだ』と言ったんですよ。まだ子どもで、海のものとも山のものともわからない。実際に姉のメリーさんは『こんな子たち、売れんの?』と、目もくれませんでした」

メリー喜多川はデビュー前のSMAPに対して「こんな子たち、売れんの?」という発言をしていたそうです。しかし、飯島三智がマネージャーにつき、SMAPはメキメキと成長。今では国民的大スターとなっています。

メリー喜多川が売れないと一蹴したSMAPを、マネージャーも初心者だった飯島三智がSMAPをここまで大きくしてしまった。このことにはメリー喜多川は嫉妬感を覚えているという情報が流れていました。

メリー喜多川がインタビューを受けた際に飯島三智をリストラ

そして結局、メリー喜多川は飯島三智をリストラさせてしまうのです。2015年1月に『週刊文春』に掲載されたメリー喜多川のインタビューで、リストラ宣言が行なわれていました。メリー喜多川のインタビューに対する発言は次のようなものでした。

「派閥があるなら、それは私の管理不足。今日、(飯島を)辞めさせます。私の娘が(会社を)継いで、何がおかしいの?」

その後、インタビュー中に記者の前に飯島三智を呼び、飯島三智に向かって発言した内容

「飯島、私はこう言います。対立するならSMAPを連れていってもいいから今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい」

こうして飯島三智は、メリー喜多川の手によってジャニーズ事務所を離れ、SMAPのマネージャーからも外されることになりました。

メリー喜多川の暴挙にSMAPメンバーが激怒

母親のように自分たちを育ててくれた飯島三智。その存在はSMAPにとって1番大きい存在でした。しかし、このような経緯でメリー喜多川にリストラされてしまっいました。このことにSMAPが大激怒。

いくら確執があったとはいえ、自分の会社で勤めていた人をインタビュー中に突然クビにするなんて、怒って当然という感じがしますよね。

SMAPはジャニーズ事務所を辞めるという方向性を決意したのです。しかし、メンバー間ではそれぞれ違う見解を持っていました。

木村拓哉はジャニーズ事務所に残ると言い張り、他の4人のメンバーはジャニーズ事務所を辞めるということを決意していたのです。

ここで、SMAP解散という決断が間近になりました。SMAPは木村拓哉と、他の4人のメンバーで完全に分裂し、今年1月にSMAP解散騒動が起きていたのです。

つまり、大元の原因は「メリー喜多川」だということです。このメリー喜多川の嫉妬心、そして傍若無人な振る舞い、リストラ通告がSMAPを解散まで追い込んでしまったのだと言えるでしょう。

8月14日についにSMAPが解散を発表

今年の1月にSMAP解散騒動が起き、そこでは解散を思いとどまることができましたが、やはりSMAPの不仲はテレビに出演している時でも目立つようになっていました。

特に香取慎吾と木村拓哉の犬猿の仲っぷりは目に余るほどでした。番組中は目も合わせず、笑うことも少なくなりました。その様子はこちらの記事でも解説しています。

スマスマ終了の危機!木村拓哉と香取慎吾の仲の悪さにファンがドン引き!!

そしてその7ヶ月後、8月14日についにSMAPが解散することを発表しました。実際に解散するのは2016年12月31日です。

この国民的大スターを解散まで追い込んでしまったのが、芸能界のドンであるメリー喜多川だという説は、もう芸能界では知られているとのことです。

こんなことが原因でSMAPが解散してしまうのは本当に悲しいですね。

引用:http://www.cyzowoman.com/2016/08/post_21342.html

 

 

関連記事はこちら

スマスマ終了の危機!木村拓哉と香取慎吾の仲の悪さにファンがドン引き!!

SMAP解散での木村拓哉のコメントがひどすぎるとネットで炎上!!www