SMAP解散の原因がヤバすぎる・・・。黒幕はあの芸能界のドンだった!!!

8月14日に解散を発表したSMAP。解散の原因は、木村拓哉と香取慎吾の不仲説などが出回っていたが、本当の原因は芸能界のドンによる独断的な暴挙ということが判明!



スポンサーリンク

解散騒動のキッカケとなる女性マネージャー


SMAPの5人には、かけがえのない存在の女性マネージャーがいた。

それが飯島三智(いいじまみち)さん。

飯島三智はSMAPのデビュー当時、売れていない時代から20年以上ずっとマネージャーとして支え続けてきた。

SMAPの5人にとっては母親代わりとまで言われるほどの親密さで、SMAPは飯島さんにずっと支えられ、飯島さんがいなかったら今のSMAPはないだろうというほどの人物である。

しかし飯島三智が、芸能界のドン「メリー喜多川」によって引きずり落とされてしまうという事件が起きた。

この事件こそが今回のSMAP解散の大元の原因である。


スポンサーリンク

メリー喜多川の悪態


ジャニーズ事務所の副社長であり、ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川の実の姉のメリー喜多川。

現在はもう90歳という年齢だが、芸能界ではドンと言われ持っている権力も半端ではない。

そのメリー喜多川がSMAPのデビュー当時から嫉妬し続けていたのが飯島三智である。

メリー喜多川はデビュー前のSMAPに「こんな子たち、売れんの?」と。

しかしSMAPはメキメキ成長。
メリー喜多川が売れないと一蹴したSMAPを、マネージャーも初心者だった飯島三智がSMAPをここまで大きくしてしまった。

このことにはメリー喜多川は嫉妬感を覚えているという情報が流れていた。

そしてその後、メリー喜多川は飯島三智をリストラさせてしまうのだ。

このことにSMAPが大激怒。
SMAPはジャニーズ事務所を辞めるという方向性を決意したのである。

つまり、大元の原因は「メリー喜多川」である。

このメリー喜多川の嫉妬心、そして傍若無人な振る舞い、リストラ通告がSMAPを解散まで追い込んでしまったのだ。

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

SMAP解散の原因がヤバすぎる・・・。黒幕はあの芸能界のドンだった!!!


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!