SMAPの都市伝説。「世界に一つだけの花」の歌詞に隠された衝撃の意味・・・

恐怖


この曲のシングル化を実現させたそうです。

 

その結果、歴代ジャニーズ記録の260万枚という

驚異的な売上を記録しました。

歌詞にも都市伝説が・・・

作詞作曲した槇原敬之さんは当時、

薬物事件による芸能界を謹慎状態にあった際

住職と話をしている時に

「世界に一つだけの花」の歌詞を思いついた。

 

そして、世界に一つだけの花の歌詞には、

「ナンバーワンにならなくても良い、元々特別なオンリーワン」

という言葉が出てくる。

 

この意味は、言葉の通りなのだが、

このフレーズには如来蔵の思想が繁栄されていると言われている。

 

その思想と言うのが、あらゆる物事に価値を認めるというもの。

 

つまり、仏教(恐らくは大乗仏教)の思想が反映された歌なのだ。

 

そういった視点で見ると、

また違った趣のある歌に思えてくる。


1 2 3