【格差社会】小中学生の日常が酷い…万引き、妊娠、〇〇が当たり前…

格差社会

会社などでは仕事ができるできない、などでの格差は仕方ないことでしょう。しかし、小学生でさえ格差社会に生きていることを知っていました?

想像を絶する事実が…



スポンサーリンク

格差社会で子供の孤立化



いつからか、日本は『格差社会の日本』と言われるようになりました。

失業率の増加、就職難、望まないパートタイム労働など非正規雇用が増加。

そのことで、家庭の問題が社会問題になっています。
とんでもないことですよね…。

特に最近は、離婚問題がより深刻化
そのため一人親世帯が増加していることも、1つの原因でしょう。

母子家庭ですと、子供と一緒に過ごす時間がどうしても少なくなってしまいます。

そのため、子供をきちんと育てることができない、愛情をそそぐことが出来ずに、孤立してしまう子供が増えているのです。

このような現実から『子供格差』という言葉まで広がっているようです。

そんな、今起きている子供達の異変について見ていきましょう。

子供たちの暴動による学級崩壊…



母親が一人で遅くまで頑張っている、その背中を見ていることで、きちんとしている子供ももちろんいると思います。

しかし・・・
満足に親との会話ができない子供は、やがてさみしさを紛らわそうと自分の存在意義を他ではらそうとします。

そうした事態が今、急速に増えています。

「日頃、家で満たされないストレスによるものなのか。

友達の文房具や衣類を盗み、それを近所の公園で販売する問題児たちがいて。

彼ら彼女たちは万引きの常習犯で、コンビニであれスーパーであれ、お構いなし。
今後が心配です」

と話すのは、首都圏某小学校の教師です。

他にも、給食の残りを大きなタッパーに入れ、こっそり持ち帰る生徒もいるほど…。

どれだけ、きちんとした食事を食べさせてもらえていないか、家庭内がつらいのかが分かりますね。



中学生では、ヒップホップを大音量で流し、授業を妨害をする生徒や、春休み明けにタトゥーを入れてきた生徒もいるのです…。

問題のある生徒の多くは母子家庭
そのような生徒は、似たような境遇の先輩たちと夜の街で出会い、間違った方向へ進んでしまうことが多いのが事実。

また、若いのに道を外す子が本当に多い地域も。
ある愛知県の中学校では、1年で2人もの生徒が出産したこともあったのです。

命は尊いものですが、生まれてきた赤ん坊の未来を考えると、暗い気持ちになっています。

高校は更にひどく、学校内で援助交際、教室で恐喝などが日常のワンシーンと言われるほどの学校も。

街の経済自体が沈滞しているので、お金のためなら手段を選ばないマインドが育ってしまうのかもしれません…。

さらに・・・
バイトができない学校もありますよね。

それを知った親が職員室に乗り込んできて、

「ウチは高校から小遣い、食事代はバイトで稼げって教育方針だ。
あんた、ウチの家計の事情も知らず、何様のつもりだ!」

そう怒鳴り込んでくることもあるのだとか…。

入学前に調べろよ!?と思ってしまいますが、何ともやりきれない話しですわ。。。


スポンサーリンク

裕福と貧困の二極化時代へ



このような子供達の行動の本質は、格差の家庭だけではないと思うのです。

「もう僕達はつらいんだ!」っていう心の叫びの象徴ではないでしょうか?

そこには貧しいは関係ないですね。

親の経済力もですが、教育への熱意が子供の生活態度や学力に大きな影響をあたえていることもあるんです。
そして、結果として子供の将来をも左右しているのかもしれません。

中には、放任でも厳しい環境でも、ハングリー精神を持って学力を高めようと努力する子供がいるのも事実!

低所得者である親の気持ちを理解している子供達も多いでしょう。

しかし、理解しているからこそ、親に言えないのが子供達の心理なのです。
気持ちを良く観察しているのは、大人とよりも子供。

親とどう接していいのかわからない、助けてあげることがでいない。
だからこそ、ありえない行動をして訴えているのかもしれません。

親が子供に愛を注いでいれば、学校でありえない出来事は起きないでしょう。
そこには、低所得も富裕層も関係がありません。

それを理解し子供とコミュニケーションをはかることは重要です。
しかし、そういう考えを持っていない大人が非常に多いように思えます。

一人一人がもっと意識をもたなければ、二極化は今後ますます進んでいきます。
もっと深刻になれば、外国のように、富裕層と低所得者で住んでいる地域まで別れてしまうかもしれません。

そうなる前に、なんとかしなければいけないのが今の現状!

昔と違いなんでもそろっている時代です。

嫌なことがあるとすぐにやめてしまう人が多い。
だからこそ、厳しい社会を生きていこうとする人も減っているのかもしれません。

その積み重ねが、今の社会を作っているといっても過言ではないでしょう。

そうならないためにも、しっかりとした考え方をもって生活をしていくようにしたいですね!

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 『だっちゅーの』元パイレーツの現在が悲惨すぎる。格差がやばい…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

格差社会

【格差社会】小中学生の日常が酷い…万引き、妊娠、〇〇が当たり前…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!