KYで時間にルーズ…社会不適合者か1分で診断!向いてる仕事はコレ

仕事・ビジネス


皆さんは「私って社会不適合者⁉︎」って思ったことはありますか?

今回は簡単な診断チェックテストに加え、社会不適合者の特徴発達障害との関係などについてご紹介します。

実は、社会不適合者に向いている仕事や職種ってあるんですよ。

社会不適合者ってどんな人?本当の意味

コミュ障などといった言葉と共に、いつからか一般的に使われるようになった「社会不適合者」

その意味を辞書で調べてみると、

社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。うまくやっていけない人
出典;Weblio辞書

のことらしいです。

たまに自虐的に、

「俺は社会不適合者だからさ〜」

なんて言ってる人、見たことありませんか?

または「自分は社会不適合者だ…」と自覚している人。

まずは本当にあなたは社会不適合者なのか、チェックテストで診断してみましょう!

あなたは社会不適合者?診断チェックテスト

ここではあなたが社会不適合者かどうか診断するために、3つのレベルに分けて、社会不適合者の細かな特徴を述べます。

この機会にあなたはどのレベルに当てはまるか、確認してみて下さいね。

社会不適合者診断〜軽度〜

  • 大人数・チームプレーが苦手
  • 盛り上げ役の人が苦手
  • 休日は1人行動が多い
  • 先輩や上司を尊敬できない
  • 他人に指図されるのを嫌う

社会不適合者の方は、「コミニケーションが苦手」「空気が読めない」「相手に合わせられない」といった特徴から、集団行動が苦手な傾向があります。

しかし大人数が苦手なんてことは、よくあること。

言い換えれば1人行動が好きなだけなので、これだけで「自分は社会不適合者だ」と落ち込む必要はありません。

社会不適合者診断〜中度〜

  • 時間にルーズ
  • 劣等感が強い
  • 責任転嫁をしてしまう
  • 被害妄想が激しい
  • 自信過剰なとこがある

「時間にルーズ」「責任転嫁をしてしまう」と、他人に迷惑をかけてしまう恐れがありますよね。

具合にもよりますが、遅刻厳禁なのに「毎日会社に遅刻してしまう」という人は、社会にうまく適合できていないと言えるでしょう。

しかし劣等感は、人間誰しもが時には感じるもの。

そこから激しい被害妄想などに陥ってしまう場合は、他人の目を気にしすぎることをやめるように心がけてみましょう。

社会不適合者〜重度〜

  • 人間不信
  • 虚言癖がある
  • 生きる意欲が出ない
  • 仕事を辞めたがる

これらの項目に当てはまる人は、周りから社会不適合者だと思われている可能性が高いかもしれません。

また何らかの原因で「人間不信」「虚言癖がある」ようになってしまった人は、カウンセリングに通ってみるのがおすすめ。

これが”自分の性格”と思い込んでいた行動も、自分次第ではいい方向に治る可能性がありますよ。

社会不適合者の特徴まとめ

診断チェックテストを通して、主に社会不適合者の人たちは

  • 時間に異常にルーズ
  • コミニケーションが苦手
  • 虚言癖や思い込みが激しい
  • 空気が読めず、相手に合わせられない

などの特徴があることが分かります。

その他にも人間不信だったり、他人に上から目線になってしまったりと程度は様々。

そういった性格の故、社会にうまく適合できず、周りと合わせて生活するのが困難になってしまうのですね。

社会不適合者は発達障害が多い?病気の可能性は

近年は、大人の発達障害という言葉が生まれたほど、

「社会に出てから自分が発達障害だということを知った」

という人も少なくはありません。

特に発達障害の一つである「注意欠如・多動性障害(ADHD)」は、

  • 普段から落ち着きがない
  • じっとしていられない
  • うっかりミスが多い
  • すぐ忘れてしまう
  • 気が散りやすい
  • 段取りや整理整頓が苦手

などの症状を伴うため、社会で生きていくのはかなり厳しいそう。

しかしADHDは、加齢とともに症状が軽くなるのが特徴の一つ。

ですがそれが原因で、二次障害であるうつ病や不安症状が出てくるまで気づかず、ただ単に

「自分は社会不適合者なんだ」

と思い込んでいたケースもありえるようです。

そのため心当たりがある人は、決して自分を責めずに、医師や専門家に相談してみましょう。

また発達障害は、生まれつき脳の一部の機能に障害があることが原因なので、病気とは異なります

社会不適合者に適職なのは?向いている仕事(職業)まとめ

最後に、社会不適合者の方に向いている仕事(職業)をご紹介します。

現在ニートだって人も、就活や転職で苦労してるって人も大丈夫。
ぜひ参考にしてみて下さいね。

⒈起業・フリーランス

社会不適合者の多くの方は「会社のルールに縛られたくない」と思っているかと思います。

それなら、自分がやりたい仕事で起業しちゃえばいい

自分で起業すれば、決まった時間に会社に行かなくても、自宅で好きな時間に仕事ができます。

またクリエイティブなことに興味がある人は、フリーランスとして働くことも可能。

職種はカメラマンライター・プログラマー・デザイナーなど様々あり、個人で契約をして仕事をする形となります。

⒉投資家

投資も、人と関わらずお金を稼げる立派な方法。

FX株主・為替・不動産などお金を投資する方法は、多岐に渡ります。

しかしどれをするにも、事前にある程度の知識が必要。簡単に見えて大損害を受けやすいので、注意して下さい。

⒊アフィリエイター

ウェブサイトを運営して、主にアフィリエイト広告で収入を得ている人たちのことをアフィリエイターと呼びます。

アフィリエイトはフリーランス事業と同じように個人でできるので、人間関係に悩むことなし。

「起業してみるほどの勇気はない」って人にも、ぴったりな仕事ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

社会不適合者は「社会の要求に応えて生活することが難しい」人のことを指しますが、それでも向いている仕事や職種は沢山あります。

今の環境が自分と合わず苦しいのなら、それに悩むばかりではなく、自分にベストな生き方を見つける努力をしてみましょう。