KYで時間にルーズ…社会不適合者か1分で診断!向いてる仕事はコレ

仕事・ビジネス


近年は、大人の発達障害という言葉が生まれたほど、

「社会に出てから自分が発達障害だということを知った」

という人も少なくはありません。

特に発達障害の一つである「注意欠如・多動性障害(ADHD)」は、

  • 普段から落ち着きがない
  • じっとしていられない
  • うっかりミスが多い
  • すぐ忘れてしまう
  • 気が散りやすい
  • 段取りや整理整頓が苦手

などの症状を伴うため、社会で生きていくのはかなり厳しいそう。

しかしADHDは、加齢とともに症状が軽くなるのが特徴の一つ。

ですがそれが原因で、二次障害であるうつ病や不安症状が出てくるまで気づかず、ただ単に

「自分は社会不適合者なんだ」

と思い込んでいたケースもありえるようです。

そのため心当たりがある人は、決して自分を責めずに、医師や専門家に相談してみましょう。

また発達障害は、生まれつき脳の一部の機能に障害があることが原因なので、病気とは異なります

社会不適合者に適職なのは?向いている仕事(職業)まとめ

最後に、社会不適合者の方に向いている仕事(職業)をご紹介します。

現在ニートだって人も、就活や転職で苦労してるって人も大丈夫。
ぜひ参考にしてみて下さいね。

⒈起業・フリーランス

社会不適合者の多くの方は「会社のルールに縛られたくない」と思っているかと思います。

それなら、自分がやりたい仕事で起業しちゃえばいい

自分で起業すれば、決まった時間に会社に行かなくても、自宅で好きな時間に仕事ができます。

またクリエイティブなことに興味がある人は、フリーランスとして働くことも可能。

職種はカメラマンライター・プログラマー・デザイナーなど様々あり、個人で契約をして仕事をする形となります。

⒉投資家

投資も、人と関わらずお金を稼げる立派な方法。

FX株主・為替・不動産などお金を投資する方法は、多岐に渡ります。

しかしどれをするにも、事前にある程度の知識が必要。簡単に見えて大損害を受けやすいので、注意して下さい。

⒊アフィリエイター

ウェブサイトを運営して、主にアフィリエイト広告で収入を得ている人たちのことをアフィリエイターと呼びます。

アフィリエイトはフリーランス事業と同じように個人でできるので、人間関係に悩むことなし。

「起業してみるほどの勇気はない」って人にも、ぴったりな仕事ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

社会不適合者は「社会の要求に応えて生活することが難しい」人のことを指しますが、それでも向いている仕事や職種は沢山あります。

今の環境が自分と合わず苦しいのなら、それに悩むばかりではなく、自分にベストな生き方を見つける努力をしてみましょう。


1 2