「空飛ぶタイヤ」にディーン・フジオカが出演。原作にないシーンも?

俳優ディーン・フジオカが池井戸潤氏の小説を映画化した「空飛ぶタイヤ」に出演することがわかりました。

TOKIOの長瀬が主演の今映画では原作になかった激熱のシーンも!?


スポンサーリンク

ディーン・フジオカ、再び大役として起用

俳優ディーン・フジオカが映画「空飛ぶタイヤ」に出演することがわかりました。

同映画はTOKIOの長瀬智也が主演として出ており、その内容は長瀬演じる運送会社の社長・赤松徳郎がトラックの脱輪事故で整備不良を疑われ、事故を起こしたトラックの製造元「ホープ自動車」のリコール隠しを暴こうとするもの。

ディーン・フジオカの役ホープ自動車のカスタマー戦略課課長の沢田悠太で長瀬が演じる赤松から再調査を要求され疎ましくも調査を続けていたところ会社のリコール隠しに気が付いてしまい、自分の正義感と大企業に雇われの身である立場に揺れていくと言う今作品のキーマンになる役柄です。

また、映画では原作になかった赤松と沢田が直接対峙するシーンもあるそうで、ファンからも大きな期待を寄せられている作品になっているのだとか!

ドラマ「あさが来た」の五代様としてブレイクしてからうなぎのぼりの人気を見せるディーン・フジオカ、、、


優しいルックスも去ることながら演技力も抜群ですよね!

TOKIOの長瀬といえば鉄腕ダッシュで幻の古代魚を捉えたことでアイドル業だけでなく学会の方でも大きな話題を呼んでいるまさに時の人、、、
学会発表もあるか?TOKIOがロケ中に古代サメのラブカを捕獲!

そんな二人が初の共演をする「空飛ぶタイヤ」、二人の活躍にも期待がかかりますね!

映画への期待もかかるところですが、今話題の人・ディーン・フジオカはかなりハイスペックだということをご存知でしたでしょうか?


スポンサーリンク

ディーン・フジオカがハイスペックすぎる件

見た目にも演技力にも定評のあるディーン・フジオカですが、アメリカへ留学していた経験もあり、なんと5ヶ国語を話すマルチリンガルだったのです。

これだけの色男で頭も良ければ当然結婚もしているのですが、そのお相手はなんとインドネシア国籍のヴァニーナ・アマリア・ヒダヤトさん。


とてもかわいらしいですね、、、誰もが認める美男美女夫婦なのですが、、、

コチラのヴァニーナさん、過去にはモデルの経験もあるだけでなく、インドネシア国籍で有りながら実家は福建省の華僑、、、

華僑と言えばお金持ちのイメージがかなり強いですが、恐らくその通りで、ヴァニーナさんのお父さんはホテル経営やインドネシアの音楽系の会社も経営しているそうでかなりの資産家であることが予想されます。

ディーン・フジオカも俳優としても成功し富も地位も名声も手に入れてしまうとんでもないハイスペックな人間だったんですね!

羨ましいの一言につきます!

しかも今のところはいやらしさがないからこれからも応援したくなりますよね!

今後も多くの話題で私達を楽しませてくれることに期待しましょう!

「空飛ぶタイヤ」にディーン・フジオカが出演。原作にないシーンも?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!