【画像】反町隆史と松嶋菜々子まとめ。馴れ初め、娘、稲森いずみ、愛犬事件

芸能


反町隆史は子どもたちが大きくなったら、一緒に過ごせる時間が少なくなってしまうことを理解していて、子どもたちが小さいうちはなるべく一緒に時間を過ごすようにしているのだと思います。

反町隆史は、仕事が休みの日は子供と一緒にショッピングセンターに行ったり、ディズニーランドに行ったりと、出かけることを楽しんでいるといいます。

また、2人の子供を連れて散歩に行くことも日課だそうで、子供の話に耳を傾けているのだとか。

そんな反町隆史のことを子供たちは大好きで、信頼しているようです。

2人の子供たちに、

学校のことや友達のこと、ちゃんと聞いてくれるお父さんが大好き。

と言われる反町隆史って、世間が思っている以上に素敵なイクメンパパなのでしょうね。

反町隆史と松嶋菜々子の愛犬ドーベルマン事件

反町隆史と松嶋菜々子は、世間からのイメージがいい夫婦ですが、過去にはトラブルを起こしたこともあります。

2011年のことで、二人が飼っていたドーベルマンが、同じマンションに住んでいたクリエイティブディレクター・佐藤可士和の妻にかみついたのです。

見るからに凶暴そうなドーベルマンを、小さい子供がいながら自宅で飼っている反町隆史と松嶋菜々子の考え方に驚きを隠せません。

全治11日のけがを負った佐藤可士和の妻に対しては、慰謝料と治療費を支払うことで示談に。

その後、佐藤可士和の妻は、ドーベルマンに噛まれた場所を通るたびに気分が悪くなるなどしたため、マンションを引っ越したのだそうです。

@niko_niko_2017)さんの投稿

それを受けて、マンションの管理会社が、損害賠償支払いを求めて反町隆史と松嶋菜々子夫妻を提訴。

その結果、1725万円の損害賠償の支払いが命じられました。

マンションの規則では、小型犬しか飼ってはいけなかったということです。

ネットでは、このドーベルマン事件を題材にした漫画が拡散されました。

ショッキングな内容で、この漫画を読んだ人からは反町隆史や松嶋菜々子に対する批判の声が挙がっていました。

反町隆史と松嶋菜々子に似ていないですが、とても絵が綺麗な、完成度の高い漫画で、読んで見たくなりますよね。

反町隆史と松嶋菜々子に対するネットの反応

ネットでもやはり、反町隆史と松嶋菜々子はかなりお似合いの夫婦だと思われているようでした。こんなにかっこいい夫婦、ドラマでもなかなか見ないですよね。

反町隆史と松嶋菜々子が出会った『GTO』は、放送から20年以上経った現在でも、ファンの記憶に強く残っています。今見ても面白いのかもしれません。

これからも反町隆史と松嶋菜々子夫妻に注目して行きたいと思います!


1 2 3