「創価学会」久本雅美と柴田理恵が「幸福の科学」清水富美加を言及した結果…

「創価学会」久本雅美と柴田理恵が
「幸福の科学」清水富美加を言及した結果・・・

またひと波乱が・・・



スポンサーリンク

久本雅美と柴田理恵が清水富美加に言及

創価学会に所属している久本雅美、柴田理恵らが
都内で行われた所属劇団「ワハハ本舗」の全体公演「ラスト3~最終伝説~」の製作発表会見に出席した。

女優の清水富美加が芸能界を引退し宗教法人「幸福の科学」に出家する騒動について、
久本は「番組で何回か共演したことがあります。

若くてかわいくて才能がある方」とした上で、

「もったいないと思う。詳しいことはよく分からないけれども、
いろんな方がかかわっていることなので、誠実な対応をしていただきたいと願っています」

と言及。
柴田も「共演はない」としながらも

「いろんな方にお世話になって自分がいるという世界だと思うので、
皆さんに感謝するというのは大事だと思うし、仕事はちゃんとやった方がいいと思います」

と話した。

清水富美加は暴露本を発売

宗教団体「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加さん(22)が
法名の「千眼美子(せんげん・よしこ)」として
著した暴露本『全部、言っちゃうね。』が2017年2月17日に緊急発売されました。

たちまち大きな話題を呼び、大手通販サイトamazonでは
翌17日昼時点で「本」カテゴリの総合1位に輝いたほか、
定価(1296円)の3倍近いプレミア価格で販売する業者が出るほどの注目を集めている。

そんな話題の同書は、医師の立会いのもとで清水さんに行ったインタビューの内容を編集したもの。

清水さんが手書きした「まえがき」では、
一連の出家騒動をめぐる世間からの疑問に全て答えるつもりだとして、
「全てのことを遺書を書くような思いで、
この本に全託しました」という決意めいた思いを吐露しています。


スポンサーリンク

暴露本『全部、言っちゃうね。』の内容

本文は4章構成。

前半の2章では、一連の出家騒動をめぐる清水さんの「本心」が
飾り気のない文体で明かされている。

周囲からは、出家を決めた幸福の科学に「洗脳」されていると指摘する人もいたというが、「洗脳上等だよって感じですよね。

『洗脳されてるんじゃなくて、されるの選んでるんだ』って気持ち」

との思いを告白。
そのほか、芸能生活をめぐるストレスで右手首をカッターで切るなど、
何度も自殺未遂をしていたことも明かしている。

その他、自分には向かない役を演じることでのストレスから、
「悪霊」に憑依され体をのっとられることが度々あったとも暴露。

暴力的なキャラクターなど難しい役柄を演じる際は、
「これはちょっと体『貸さないと』無理だな。悪霊入れてもいいかな」と考えていたという。

所属事務所レプロエンタテイメントと幸福の科学側で主張が対立していた、
清水さんの「待遇」をめぐる問題では
デビュー数年後に意に反して5万円の月給制で契約させられたとして

「実家だから、家賃も食費も支給されてませんでした。食事などの生活費も全部自分で払わなきゃいけなかったから、本当に生活できない額」

と振り返っている。
ただ、その後、徐々に収入は上がったとして、
NHK「まれ」出演時には月収12万円ほどになり2016年には一気に年収1000万円に達したと説明している。

デビュー数年後から始まった厳しい生活の中で、清水さんはマネージャーに対し、

「本当に社長のことを殺したいって思ったりします」

と話したことがあったと告白している。
そのほかにも、同書では清水さんの生い立ちや幸福の科学との関わり、
同教団の大川隆法総裁に対する思いなどが赤裸々に綴られている。

なお、出家騒動の真っ只中でいきなり暴露本が出版された点をめぐっては、

「(幸福の科学側は)かなり前から発売を準備していたのではないか」

といった指摘も出ている。
こうした疑問の声について、幸福の科学は発売の経緯や意図については、

「レプロにより、公式ツイッターが削除されたため、出家を決意した気持ちや病気療養に至った経緯を、ご本人自身の言葉で、直接ご説明するため」

としている。

暴露本に批判の嵐

清水富美加は、教団側の主張が正しければ体調不良で仕事を休んでいたことになります。

そんな人がこんな思い出したくない過去のことまで鮮明に書けるわけがない。
教団側は、「診断書」があり、医師の立ち合いのもとと述べているが、医師立ち合いでも通常は不可能。

そんな状況で事務所への不満を述べたところで「全部デタラメ」とように思われてしまうのは当然であり、実際に2chでも半信半疑のレスが多くあります。

もしかしたら、最初から幸福の科学の広告塔にするため芸能界で知名度上げたのではないか?

それだったら、幸福の科学の宣伝のために、あらゆることを踏み台にしていることになるし、清水富美加は擁護される立場にはありません。

清水富美加の時系列まとめ

  • 1月上旬…「わたしは悟りをひらくのです」の原稿がテレビブロスに届く(その後週刊連載の原稿が来てない)
  • 1月18日…大川による清水守護霊インタビューにありがたいことだと喜び信者だと明かす
  • 1月28日…突然弁護士連れで出家すると言い出す
  • 2月3日…清水の守護霊インタビュー本発売
  • 2月6日…最後の仕事
  • 2月7日…ドクターストップの診断受ける
  • 2月11日…ツイ新アカ
  • 2月12日…出家しましたとファックス
  • 2月13日…深夜にツイ「ギリギリ」
  • 2月17日…告白本発売

ネットでの反応

・芸能人事態が性的対象

・「変態仮面」のタイトル見た親に「仕事選んでいいんだぞ」って言われてたのに
そのとき辞めずに変態仮面のヒロインをノリノリで引き受けたくせによく言うわ

・水着にならなくてもおかずにされますけどね

・もっと可愛い子いるしAV観るわ


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 久本雅美が「創価学会に入らないから」干した芸能人。その驚愕な手口が…

「創価学会」久本雅美と柴田理恵が「幸福の科学」清水富美加を言及した結果…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!