迷惑メールの撃退。500万円当選!と来たので裁判した結果

体験談


間違って自分の個人情報を入力してしまうと犯罪に利用されたりすることもあるため、個人情報を入力してしまわないことが大切となります。一番は無視するのが良いですが、今回このメールを撃退する方法があると話題になっています。

実際に行なった迷惑メールの撃退方法

ある日、Tさんのメールに「500万円当選です!」というメールが来ました。Tさんは一目で詐欺であると感づきましたが、なんと「当選したんだから本当に払えよ」と、メールを送信した業者相手に裁判を起こしました。

Tさんは迷惑メールを送った業者を調べ、業者は資本金が200万円で出会い系サイトを運営する会社であると判明。支払いができないような高額にはせずに現実的に請求できそうな額として500万円ではなく140万円の訴額で訴えることにしたようです。

裁判の流れ

「500万円当選しました」と迷惑メールが届く

いろいろ条件をつけて払う気がなさそうだから裁判にしよう

資本金200万円の会社だから500万円の訴訟は訴額が大きすぎる?

訴額を140万円にして簡易裁判所に提出

相手は弁護士をつけて裁判

裁判の結果

迷惑メール業者との裁判の結果、和解金として100万円を勝ち取りました。業者は500万円という額を提示てしているので、和解を拒否し、金額を釣り上げることも狙えるんだとかw


1 2 3