【画像・動画】アンビリバボーが心霊写真を辞めた理由※閲覧注意

恐怖


実は・・アンビリバボー以外の番組でも心霊写真特集が激減しています。

理由① 映像技術の進歩によりやらせ疑惑が起きるから


“心霊現象”を捉えたとされる写真やビデオには、技術的に結論を出せるものがたくさんあります。

現在では素人でも比較的簡単に解析できるので、批判を受けてしまう可能性があるんです。

インターネットが普及した最近では、“ヤラセ”が発覚すれば、その日のうちにネット上で非難の雨あられ。

テレビ局としては、視聴率が高いだけに、
一歩間違えば大炎上してしまう心霊番組のリスクに頭を悩ませている状況だった。

かつて心霊・オカルトブームがあったころ、心霊写真などでかなりひどい捏造が行われていたとよく聞きます。

理由② クレームが来るから

BPO(放送倫理・番組向上機構)に対して、こんなクレームが来るそうです。

“子どもが怖がって夜泣きが酷くなった!”

“こんな話、ウソに決まっている。誤った情報を発信するのか”

近年はホラーを迂闊に放送すると…

一般視聴者他様々な所からのクレームが酷く、下手したら訴訟沙汰になるのだそうです。

テレビ局は視聴者からのクレームなどに神経質で倫理スレスレに視聴率を考えています。

激ヤバ映像は心霊だけでなく、宗教、同和、右翼、差別、等々様々、事実存在します。
心霊の場合、激ヤバはお蔵入りになって倉庫行きです。

関係者によると相当数の映像が眠っているらしいです。

理由③ 本物は本当にヤバいから

心霊番組を担当すると司会者は呪われてしまう、逸見正孝さんもそのうちの一人だった問いう噂があります。

それ以来ジンクスが怖くて、司会を定期的にする人がいなくなった、という噂です。

映画「ポルター・ガイスト」

この映画は呪われているといわれる所以は、映画撮影中に事故がおきたり、
撮影直後に女優(ヘザー・オルーク)さんが変死したりしている。

アンビリバボーも、取材中に恐怖の出来事がスタッフたちの身におきたと、同番組内の「恐怖のアンビリバボー」のコーナーで放送されていたことがありましたね。

心霊写真をアンビリバボーに送ったけど・・やばすぎて送り返されてきた・・

また、こんな体験談も存在します。

つまりあの番組で放送されていたのは・・程度の低いほんの一握りとも言えますよね・・・

実はフジテレビ・・本当の闇はあえて見せていない?!だけかもしれませんね。


1 2 3