【STAP細胞が本当にあった!】ハーバード大学がSTAP細胞の特許を提出。小保方さんは間違ってなかった!


先日、ドイツでSTAP細胞の確認に成功しましたが、

今度はアメリカのハーバード大学がSTAP細胞の特許を出願しているようです。

 

STAP細胞が医療に使われる日も近いかも知れません。

今回はSTAP細胞の現状と未来をまとめました。



スポンサーリンク

小保方さんが発表したSTAP細胞

17c68466-s

「STAP細胞はありまぁす」の言葉につられて誤解していましたが、

STAP細胞があるって発表したのは元々アメリカでした。

小保方さんはそのSTAP現象の再現ができると世間をにぎわせて、

再現できなかったというわけです。

そうして、論文偽造疑惑や博士号取り消しとなってしまった。

 

STAP細胞が本当はあった

今年3月10日、ドイツのハイデルベルク大学の研究グループが


1 2 3

footer-image