STAP細胞はご家庭でも簡単に作れる。人工削減委員会に潰されたSTAP細胞の秘密

2414

先日、ドイツでSTAP細胞の確認に成功しましたが

実はSTAP細胞がご家庭でも簡単に作れると話題になっています。

もしそうなら、理研でも再現できなかったという話は一体なんだったのだろうか。

 

削除されまくっていると噂の元記事の転載となります



スポンサーリンク




(転載)
実は、STAP細胞は簡単にご家庭で作れるのです。

もともと熊本大学で研究され、理研に委ねられたそうで、素になった培養液は「玄米乳酸菌」。

小保方さんは、偶然的に(言われるままに)その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。

そんなもの作られては、医薬品業界の一大事!
あわてて封印されましたが、現在某アメリカ薬品会社が特許出願したとの事で、全てが利権がらみ。

そこで今、ひそかなブームと成っている「玄米乳酸菌」、要するに酵素体の菌で、

これを飲むことで自然に体内のSTAP細胞を活性化し若がえり、細胞の再生化が活発になります。

(玄米乳酸菌のレシピ)
材料…無農薬玄米 1合
天然水 1.5 L.
天然粗塩 15 g
黒砂糖 45 g

(作り方)
1.水 0.5 L に玄米 1合を入れ、1日ひなたに置く。
2. 1.に塩 15 gと残りの水 1 Lを入れ、1日ひなたに置く。
3. 2.に黒糖45 gを入れ、3~5日間ひなたに置く。

さあ~これだけで、不老長寿ドリンクの出来上がり。
僕は、THE STAPと呼んでいますが、あんまり長生きしても
後輩のみなさんに申し訳ない時代で、この乳酸菌、50ccと豆乳200ccを
合わせて、1~2日常温で置くと、STAP豆乳ヨーグルトの出来上がり。

金さん銀さんも夢じゃない!
100まで生きて100万円もらいましょう
…いろんなレシピがあるようですので検索してください。

酵素は、フリーエネルギーです。特に稲魂パワーは、No.1!
昔、研究していた真菰ドリンクもStap細胞なんだと解明。
時には良い事、お伝えしたいと思い書きました。
「今日は、楽しい…ひな祭り」??
も一度「STAP細胞は、作れます!」拡散お願いします。

—————————————

推察するに・・・何が一番まずいかというと、
STAP細胞の初期化に玄米乳酸菌が大きく関わっているという事実。
これこそが、最も知られたくなかったものだと思われます。

STAP細胞は、弱酸性の液につけて刺激を与えると、

その細胞は初期化してどの細胞にも成り得るといったまさに世紀の大発見であった訳ですが、

しかし、一番の核心部分は、細胞と乳酸菌の組み合わせにあった可能性があります。
つまり、世界に最も知られてはならない秘密だった可能性

初期化という言葉で、パソコンのトラブルが頭に浮かびました。

パソコンが、ウィルスに感染して暴走し始めると、大変困るので初期化する為のディスクが用意されています。
それで、元の正常な状態に復帰出来る訳です。

これと同じ理屈で、ガン化した細胞を初期化して、元の健康な細胞に戻せるのなら、これは大変なことです。

世界のガン治療は抗がん剤を含めて何百兆円産業

潰されるのは火をみるより明らかではないでしょうか。
小保方さんの相方は、無理やり自殺させられちゃいました。

 

この世にはガンが治ってしまうと困ってしまう人たちがいます。

抗ガン剤やガン保険で巨額のお金を儲けている人たちです。

彼らがマスコミを使ってSTAP細胞はインチキだと報道させ、

STAP細胞をなきものにしようとした可能性が大です。

その一方で、自分の儲けのネタがなくなると、必死でその対抗勢力をつぶしにかかる人たちがいます。

それが例のごとく金融ユダヤ人です。

彼らはSTAP細胞の存在が証明されたとたん、自分の利権が削られてしまうので、

STAP細胞がインチキであると国民に思わせ、なおかつ小保方さんや理研にも徹底的に圧力をかけて、論文まで撤回させてしまった。

では、ガン利権で大儲けしている金融ユダヤ系の企業とはどこなのか。

先ずは抗ガン剤ですが、アメリカのファイザーとイギリスのGSK(グラクソ・スミスクライン)。

ファイザーはロックフェラー系。

GSKはロスチャイルド系。抗がん剤の開発品数は、この二社がそれぞれ1位と2位になっています。

また、ガン保険で大儲けしているのはダントツでアフラック。

こちらもロックフェラー系です。

ロスチャイルド系のガン保険ではチューリッヒ保険が有名です。

また現地で治療にあたっていたアメリカ人医師3人がエボラ出血熱に感染し、1人が死亡。

残る2人は治療のため米国に移送されたが、

感染者が北米大陸に上陸するとのことで一時、アメリカはパニックに陥った。

日本をはじめ、世界中の国々がエボラ出血熱の水際作戦に全力を尽くしているなか、

元Forbes太平洋支局長であるジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏は、「これは生物兵器による攻撃だ」と断言する。

「感染したアメリカ人医師は、移送されてすぐZMAPPという薬を投与され、奇跡的に症状が改善したと報じられました。

アフリカでこれだけの人たちが苦しんでいるのに、明らかにおかしい。

最初から、エボラ出血熱のパンデミックのために用意していたと見るべきです」

つい最近は、エイズ研究者を100名以上も殺してエイズ利権を温存しようとしましたが、

今回もまたエボラを大流させて、

エボラの新薬で暴利を貪ろうとするなんて、一体どこまで汚い連中なのでしょうか。

 

ドイツで確認に成功したSTAP細胞の情報はこちらになります。

【小保方さん逆転勝利?】STAP細胞はありまぁす!ドイツでSTAP現象の確認に成功!



スポンサーリンク