DQN高校生が会計を全て1円玉で払うイタズラに店員の神対応が炸裂

体験談


全て1円で払って店員を困らせるというものです。

ファミレスの会計ともなればいくら高校生でも少なからず1000円以上は超えるでしょう。

大量のコインで会計を済まそうという人は普通いませんよね。
店にも待っている他のお客にも迷惑だからです。

大人の困った顔見たさに自分たちも必死で1円玉を数えたんでしょうね…

イタズラに動じない店員の神対応!

大量の1円玉を会計に持ってきた高校生たちに店員は店員は奥からはかりを持ってきてその1円玉の総重量をはかり、

店員「確かに○○円ですね」

と言いました。
勿論納得のいかない高校生たちは毒づきました。

高校生「おいおい、俺らも数えんたんだからお前も数えろwwww」

しかし店員は

店員「1円玉は1枚1gジャストです」

DQN高校生たちの労力は虚しく会計は一瞬で済んでしまったのです!
これは見事な対応ですね。
この機転の利いた対応によって、店員を困らせようとした高校生たちのおバカっぷりが露呈することとなってしまいました(笑)

この対応にネットの反応は

・怒らずに冷静に対応する店員さんの度量が凄いです。
・高校生はさぞ悔しかったでしょうね。(笑)
・技あり!店員さんが一枚上手やな
・なにが楽しいんだか…

一番多かった意見の中には「受け取り拒否にすれば?」という意見でした。

法律では『貨幣については、額面価格の二十倍までを限り、法貸として通用する』
(法7条)と規定されています。つまり、法律上、硬貨は額面の二十倍まで強制通用力を持ち、
1回の支払いの際に、同じ額面での支払いは、20枚までしかできないということになります。
例えば、1000円の商品を購入する際、50円硬貨20枚での支払いは認められますが、
10円硬貨100枚での支払いは強制通用力がなく、店側はそれを拒絶することが出来るということになります。

硬貨20枚以上の支払いは拒否できます。
しかし投稿者の方はこう答えています。

ええ。百も二百も承知なんですけど、その後にゴネられるよりはよほどスマートだなと。
「んな法律関係ねー」と言われても、目の前のエビデンスがあるわけですし。

無下に断って、高校生達の感情を逆なでることなくスマートな大人の対応をした店員さん。


1 2 3