マツダ社員寮で殺人事件。菅野恭平の被害状況が残酷すぎる・・・。

9月14日の午後4時。

車メーカーで有名なマツダの社員寮で殺人事件が起きた。

被害者は19歳と未成年で、この殺人事件が話題になっている。


スポンサーリンク

マツダの社員寮で殺人事件

マツダの社員寮は広島市南区向洋大原町にある。

被害者の菅野恭平さんは19歳ということで、未成年であり、

高校を卒業後に就職し、社会人1年目だったことが予想される。

 

このマツダの社員寮で殺人事件が起きた。

事件が起きた状況であるが、被害者の菅野恭平さんが見つかったのは非常階段の2階の踊り場だ。

そこで血を流して倒れているのを同じ寮に住む男性が発見した。

菅野恭平さんは頭などを殴られ、あおむけの状態で倒れていた。

そして、病院に運ばれたが、その後死亡した。

死因は失血死だったため、発見されたときはかなり大量の血が流れていた可能性が非常に高い。

 

発見された場所は非常階段の2階の踊り場だったため、いくつかの推測ができる。

まず、非常階段の踊り場であるが、普段から非常階段を使うことはあまりないため、呼び出されてケンカをしていたのではないかという推測である。

そして、頭部を殴られて流血したということなので、この事件では加害者は殺人目的ではなく、ケンカで強く殴りすぎた結果、死亡してしまったという流れなのではないかという推測もできる。

 

ネットでの声

今回、殺人事件が起きたのはマツダの社員寮であるが、マツダでは事件が起きることが多いため、マツダに対しての批判も上がっている。

「ときどきヤバい事件起こすよな、マツダ。」

「マツダって連続殺人事件もあったよね?」

「ブラック企業そうだな〜、マツダ。」

「またマツダか…
新卒三年目位の社員の過労自殺で部長が笑ったり
工場内で人を跳ねたり
社内殺人に暇がないなここは」

「マツダには社会的な責任がある。」

 

マツダの労働環境にも疑問を持たざるを得なくなるようなこの事件。

社会的な責任が問われそうである。

スポンサーリンク