自殺誘発ゲーム『青い鯨』で130人が犠牲に…原因がエグい…

アダルト 海外ニュース

青い鯨

ゲーム開始時は、
「一日中ホラー映画を見ること」
「朝は4時20分に起きること」
「指定された特定の音楽だけを聴く」

という実行可能な課題なのです。

しかし、ゲームを続けていくと
「腕と足にナイフなどでクジラの形を刻む」
などど痛みを伴うようなものになってくるといいます。

そして・・・

最後の指令が「50日目に自殺する」というもの。

少年少女は指令開始から 50日後に自殺するように命じられるのです。

SNSの中で青少年たちは

「“S”で始まる人生で最高のものは、家族(семя ‘semiya’)、土曜日(‘Saturday’)、セックス(‘Sex’)、そして自殺(‘Suicide’)だ」

と言われたこともあるようです。

ゲームマスターの言葉が絶対!というように洗脳されていってしまったのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

最後の言葉

投身自殺の犠牲者の少女ユリアは両腕に言葉を複数彫っており、SNSに大きな青い鯨の画像と共に「終わり」と書き残していました。

また、彼女の友人であるヴェロニカも同様に「感覚は失われた……終わりね」と最期に投稿していたのです。

ヴェロニカは普段から「みんなも自分がだんだん役立たずになってるって感じてない?」「わたしはただの幽霊だ」など、悲壮的な投稿を定期的にしていたことが確認されているそうです。

犠牲者の少年少女たちは、皆家族関係は良好で、豊かな暮らしをしていたと伝えられています。

そのため、自殺の原因はこのゲーム以外には考えられないそうです。

やはり、課題をこなしていくうちに「従うことが正しいこと」だと思ってしまうのでしょう。

洗脳し若者を思い通りに操り自殺に追い込む。
一体なにがしたいのでしょうか・・・。

ゲームマスターとは?

今回の事件でカギを握るのは、『ゲームマスター』でしょう。

ゲームマスター、つまりこのSNSゲーム『青い鯨』の運営者たちは、子どもの習慣や興味を熟知しており、子どもたちの好む言葉や方法を駆使して自殺を誘発しています。

そのため、心理学に精通しているのではないかと考えられますね。

少女たちには「太っている」、少年らには「(この世界での)負け犬」と囁き、「選ばれし者だけの世界がある」と洗脳する狡知も持ち合わせていたのです。

少年少女を巧みに操り自殺に追いやる『ゲームマスター』
一体何を考え、何のためにこんなことをしているのでしょうか・・・?

相手を自分の思うように操るのを楽しむような殺人鬼も存在します。


1 2 3 4